『ハナミズキ』初日、向井理が新垣結衣に「結婚しよう!」

『ハナミズキ』初日に生田斗真や向井理が新垣結衣に胸キュン発言!
  • 『ハナミズキ』初日に生田斗真や向井理が新垣結衣に胸キュン発言!

一青窈の大ヒットソングをモチーフにした純愛映画『ハナミズキ』が8月21日に公開され、初日舞台挨拶が有楽町のTOHOシネマズ日劇2で開催。新垣結衣、生田斗真、向井理、土井裕泰監督が登壇し、生田や向井が、新垣に劇中の胸キュンのセリフをプレゼントするというサプライズ演出が行われ、会場は大興奮!

本作は、新垣扮する紗枝と、生田扮する漁師の家業を継ぐ青年・康平との愛の軌跡を10年間にわたって描く純愛ストーリー。向井は紗枝の先輩・北見純一役に扮する。まずは本作が台湾、香港、タイ、マカオで海外公開されることが発表されると、新垣は「言葉とか文化の違いを受け止めてもらえれば嬉しいです」と語った。

その後、生田、向井から新垣に、劇中のあるセリフをプレゼント。生田は「結婚しよう!」と、いきなりプロポーズのセリフを言うと、土井監督から「お前じゃない(笑)」という突っ込みが。実はこれは、向井扮する北見が紗枝に言うセリフだったのだ。新垣は照れながら「ありがとう、ってなっちゃいますね」と苦笑い。続いて、向井が気を取り直して再び「結婚しよう!」とアプローチ。それを受けた新垣は「ありがとう、純一」と劇中さながらに笑顔で答えた。

続いて、今度は土井監督からのサプライズで、「ハナミズキ」の花言葉である「返礼」の意味を込めて、3人にねぎらいの花束が贈呈された。土井監督は向井に「出番は限られていたけど、魅力的に演じてくれた」。生田には「10年間という長い間を演じてくれてありがとう。ラブシーンが多くて、ちょっと嫉妬しました(笑)」と言い、最後に新垣に「内面から紗枝ちゃんの成長を演じてくれた。結衣ちゃんも成長していったんじゃないかな」と、一言ずつ言葉をかけた。新垣は「胸を押さえてないと色々とこみ上げてきちゃって。本当に感謝してます」と言葉を詰まらせながら大感激。

さらにサプライズ演出は続く。会場の観客約700人全員が立ち上がり、「ハナミズキ」を大熱唱! ガッキーは、「まさかフルコーラスで歌ってくれるとは。一生懸命声を出してくださって、いろんな気持が伝わってきました」と笑顔で感謝の気持ちを語った。

『ハナミズキ』初日の舞台挨拶は、心温まるサプライズ演出の連続で、新垣たちも感無量の様子だった。まさに「人と人とのつながりに感謝したい」というメッセージが込められた本作にふさわしい内容だった。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報