黒木華、『日日是好日』初日ステージに樹木希林と登壇!「一緒にいると思う」

黒木華、『日日是好日』公開に感慨
  • 黒木華、『日日是好日』公開に感慨

エッセイストの森下典子が、約25年にわたって通い続けた茶道教室での日々を綴ったエッセイを映画化した『日日是好日』の初日舞台挨拶が10月13日に新宿ピカデリーで開催され、黒木華、多部未華子、鶴田真由、原作者の森下典子、大森立嗣監督が登壇。本作で共演し、9月15日に亡くなった樹木希林に向けて、黒木が「初日迎えましたよー!」とメッセージ。樹木のパネルと一緒にフォトセッションした。

本作は主人公・典子(黒木)が、母の勧めで通い始めた茶道教室で様々なことを学び、ゆっくりと成長していく姿を描く人間ドラマ。樹木が、典子を導く茶道の先生を演じた。黒木は「樹木さんとご一緒したインタビューで『本物を知ることが大事』とおっしゃっていた。(劇中では)そういった茶器や掛け軸を見ていただける」とアピールした。

また「本当にご一緒できてよかった。いつかご一緒したいと思っていた女優さんだった」と樹木との共演を振り返り、「お茶室という空間のなかで、2人での芝居もあった。『なんてありがたい時間なんだろう』と思いながら過ごしていました」としみじみと語った黒木。

「あまり言葉にできない」と詰まる場面もあったが、「人間性として、かっこいいなと思うところが多かった。たくさん知識もおありでしたので、学ぶことができると思った。自分が役者さんとしてやらなければいけないことは、たくさんあるんだなと感じました」と気の引き締まる想いを明かし、「初日迎えましたよー!」と天国の樹木にメッセージ。「たぶん一緒にいると思います」とふわりと微笑んだ。

多部も「スタッフさんにかけている言葉を聞いていると、愛がある。必ず一人一人に向き合ってお話をしている。お芝居に対しての姿勢も、人に対してもそうだった」、鶴田も「樹木さんは、ご自身に嘘をつかない方。嘘をつかないけれど、筋が通っている。その佇まいに、教えていただくことがたくさんあった」と樹木との共演がかけがえのない経験となった様子。

本作で初めて樹木とタッグを組んだという大森監督は「僕の財産」と樹木との日々を噛み締め、「初めは、希林さんが怖くて仕方なかった」と苦笑い。「途中からものすごく愛を感じて、ものすごい好きになった。この間なんて僕、希林さんに膝枕をして寝ていた。本当に好きです」と愛をあふれさせていた。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報