高岡蒼佑、“若松孝二役”の井浦新を絶賛!「愛情深くて感動した」

アフロヘアーの高岡蒼佑、久々の舞台挨拶に「とても緊張!」
  • アフロヘアーの高岡蒼佑、久々の舞台挨拶に「とても緊張!」

『孤狼の血』(18)の白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二監督の若き日を映し出す映画『止められるか、俺たちを』の初日舞台挨拶が10月13日にテアトル新宿で開催され、井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐、柴田鷹雄、高岡蒼佑、脚本の井上淳一、白石監督が登壇。高岡が「井浦新さんの演じた若松監督が、とても愛情深い若松監督になっていて感動した」と明かし、井浦が「ありがとう!」と感謝。会場から大きな拍手を浴びた。

本作は、21歳で若松プロダクションの門を叩き、助監督として奔走した吉積めぐみ(門脇)の目を通して、映画や政治、恋など、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を綴る青春群像劇。若松作品の常連だった井浦が、2012年10月17日に亡くなった若松監督を演じた。

「06年に若松プロダクションの門を叩いた。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』から、5本の若松監督の作品に参加させていただいた」という井浦は、「若松監督の映画づくり、生き方そのものを目の前で見させていただいて、勉強させてもらってきた」としみじみ。自分の恩師を演じることは「役者人生のなかでも、起きるなんて思ってもみなかった」と胸の内を明かし、「白石監督、若松プロダクションの皆さんにこのような機会を作っていただき、自分の知っている若松監督が皆さんのもとに届いたことをうれしく思っています」と並々ならぬ感慨を語った。

13年に亡くなった大島渚役を演じたのが高岡で、「久々の舞台挨拶で緊張している」と告白しながら、「僕は大島渚監督とはお会いしたことがない。印象といったら、舞台上で野坂(昭如)さんとケンカをしている姿しかなかった」と素直にコメント。「モノマネをするわけではなく、映画に情熱を持っているということを表現できたら」と真摯に打ち込んだという。

高岡は『千年の愉楽』(13)で若松組を経験しており、「井浦さんが演じた若松監督が、とても愛情深い若松監督になっていて感動した」と井浦を絶賛。井浦は「ありがとう!」と声を大にして、感激を表現していた。

若松プロダクションが、若松監督の死から6年ぶりに再始動して製作した本作。白石監督は「若松プロの映画は、“カメラを止める”という選択肢がハナからない。監督ー!」と若松監督に届けとばかりに絶叫。井浦は「若松プロがつくり出す映画をまだまだ観たいですか?」と観客に語りかけ、会場も大きな拍手で呼応。「白石監督が続編をつくるかもしれない」と期待をあおり、賑やかな舞台挨拶を締めくくった。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報