『昭和元禄落語心中』トレンド入り!岡田将生の和服、狂気の演技に「色気ハンパない!」(1/2)

【写真を見る】老成した落語家を色気たっぷりに好演する岡田将生。色気がスゴイ!
  • 【写真を見る】老成した落語家を色気たっぷりに好演する岡田将生。色気がスゴイ!

岡田将生が主演を務めるドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合)の第1話が10月12日に放送された。名人“八代目 有楽亭八雲”となった老年期を演じた岡田の大人の艶っぽいたたずまいに、視聴者から「ゾクッとした」「色気ハンパない!」の声が上がっている。

同作は、雲田はるこの同名漫画を原作としたヒューマンミステリー。昭和の落語界を舞台に、主人公の八代目有楽亭八雲(岡田)をはじめ、芸の世界に身を投じた人々の生きざまが描かれる。

第1話では、名人の域に達しながらも孤独に芸を極める八雲(岡田)が、刑務所帰りの青年・与太郎(竜星涼)に「弟子にしてほしい」と懇願され、初めて弟子をとることに。

与太郎は八雲の家に住み込み、修行を始めるが、そこで目にしたのが八雲とその養女・小夏(成海璃子)の深刻な不仲。与太郎は、やはり落語家だった小夏の実の父・有楽亭助六(山崎育三郎)と八雲の複雑な関係に気づいていく――という展開だった。

全10回のドラマの導入にあたる第1話で岡田は、和服姿に老けメイクをほどこし登場。助六の落語にあこがれを抱く小夏に「不愉快だ」と吐き捨てるなど、冷酷で、どこか心に闇を抱える人物像を表現した。落語を演じるシーンでも、艶のある流し目や射抜くようなまなざしを客席に向け、狂気をにじませる。

老成した落語家がまとうゾクッとするような空気を体現した岡田に、SNSなどでは視聴者から驚きの声が殺到!「怪演だった!」「岡田将生くん、想像以上にハマってた」「めちゃめちゃ色気あった…」「色気が尋常じゃない」「ゾクッとした…」といった言葉が並んだ。

ドラマ自体も原作ファンやアニメ版のファンから熱い注目を浴び、第1話放送後には「昭和元禄落語心中」がTwitterのトレンド入り。「八雲がちゃんと八雲だった!」「岡田くん、八雲のことよくわかってくれてる!!」といった声や、「岡田くん、竜星(涼)くん、山崎くんみな落語の完成度がものすごく高い!」といった声でにぎわった。

“この役と心中したい”決意の岡田将生、落語シーンにも大反響!(2/2)
  • 1
  • 2
「昭和元禄落語心中」
毎週金曜夜10:00-10:45
NHK総合にて放送
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報