奴隷たちがご主人様に“尻ドラム”で逆調教!?まさかの“秋の装い”に会場騒然!

『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』の初日舞台挨拶が開催!
  • 『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』の初日舞台挨拶が開催!

これまで100作品以上もの映画を監督してきたピンク映画界の鬼才・城定秀夫監督が手掛けた「私の奴隷になりなさい」シリーズの最新作『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』の公開初日舞台挨拶が13日、池袋シネマ・ロサにて開催。ダブル主演を務めた毎熊克哉と杉山未央を筆頭に、川合瑞恵、範田紗々、山根千芽、福山理子、城定秀夫監督が登壇した。

『第2章 ご主人様と呼ばせてください』の数年後を舞台にした本作は、明乃との関係以降“ご主人様”となって何人もの奴隷を飼っていた目黒が、見た目は奥手だが強烈に調教願望を刺激される女性・繭子と出会うことから始まる。繭子を奴隷として開眼させ、女として容姿も内面も開花させていく目黒だったが、次第に複数飼っていた奴隷たちとの関係に破綻が生じはじめていく。

本作でスクリーンデビューを飾った杉山は「主演を務めさせていただいたことも、この映画がお客さまに届くということもなかなか実感が湧かなかった」と吐露し「でも今日控え室に入って、この作品の音が裏まで聞こえてきた時に、やっと実感として私の中に入ってきました」と笑顔で語る。

さらに杉山は、初めての撮影現場について「毎熊さんと初めて撮影するシーンが絡みのシーン。とても不安だったんですけど、会話を交わす以上のコミニュケーションが取れた気がしました」と振り返る。そして「毎熊さんにすべてを委ねようと思っていたので、撮影が終わったら喪失感を覚えてしまいました」と“ご主人様ロス”状態に陥ったことを告白した。

これまで完成披露試写会での“ノーパン舞台挨拶”をはじめ、スキャンダラスな舞台挨拶を行ってきた本作。毎熊から「実は女王様から今日も指令がありまして、秋の華やかな装いで来なさいと言われました」と明かされるが、壇上の女優陣は地味目なロングコート姿。すると毎熊は「それだけじゃないんです。実は、コートの下は裸です」と、劇中のシーンを彷彿させる衝撃的な事実を明かし、会場は騒然。杉山が「めっちゃスースーします」と激白すると爆笑が巻き起こった。

さらに毎熊は「『第2章』のほうで明乃とのカラオケボックスでお尻を叩くプレイがありまして、あれをここでしなさいと言われました」と“女王様”からのもうひとつの指令があることを告げる。そして誰の尻を叩くか選ぼうとした毎熊を杉山が制し「私、中学時代吹奏楽部だったのでパーカッションが超得意なんです」とまさかの“逆調教”を提案。

「それ聞いてない」と初めは困り顔を浮かべながらも素直に女性陣に尻を突き出した毎熊は、『第2章』の劇中と同様に「渚のシンドバッド」の音楽に乗せてフルコーラスにわたり尻を叩かれつづけ、途中で城定監督に助けを求める一幕も。“逆調教”を終えた杉山は「我を忘れて叩いてしまいました」とノリノリで語り、毎熊は「劇中から宣伝活動までの流れの中で、一番恥ずかしかったです」と、羞恥心をあらわにした。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報