2019年バレンタインチョコの本命!?アルノー・ラエールが日本限定商品「パリ トウキョウ」を発表

フランスの人気パティスリー「アルノー・ラエール」が、来年のバレンタインデーに向けて、2019年1月15日(火)より新作ショコラ「パリ トウキョウ」を期間限定で販売する。それに先がけ10月14日、アルノー・ラエール広尾本店で発表会が開催された。

「アルノー・ラエール」が2019年のバレンタインに向けて、日本限定の新ショコラを販売
  • 「アルノー・ラエール」が2019年のバレンタインに向けて、日本限定の新ショコラを販売

洋菓子の本場フランス・パリで3店舗を展開する人気バティスリー「アルノー・ラエール」。今回発表会の舞台となったアルノー・ラエール広尾本店は、今年1月に日本初の路面店としてオープンしている。

昨年パリで開催されたチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ パリ2017」で、宝酒造の人気スパークリング清酒「澪」と「澪」<DRY>のおいしさに魅了されたオーナーシェフ、アルノー・ラエール氏。フルーティーで女性にも飲みやすい「澪」とショコラの組み合わせにラエール氏が魅了されたことから、今回の新作「パリ トウキョウ」は誕生した。

【写真を見る】2層のガナッシュのマリアージュが新感覚のハーモニーを口の中で奏でる
  • 【写真を見る】2層のガナッシュのマリアージュが新感覚のハーモニーを口の中で奏でる

世界でもアルノー・ラエール広尾本店のみで販売される「パリ トウキョウ」は、アーモンドペーストとわずかにレモンの果皮が入った2層のガナッシュを、ミルクチョコレートでコーティング。滑らかな舌触りの繊細なチョコレートに仕上げている。

発表会に登場したラエール氏は、「パリ トウキョウ」を“複雑な味わいのチョコレート”と表現。「ほのかなレモンの香りとアーモンドのほどよい酸味が加わり、ミルクチョコレートによって麦チョコレートを濃厚にした」と、味わいの秘密を明かした。また、表面の白い点はお米をイメージしており、「澪」に合わせてデザインを施したという。

「パリ トウキョウ」と「澪」の組み合わせに自信を見せるラエール氏。「すべての人に味の冒険を楽しんでほしい」とコメントを寄せた
  • 「パリ トウキョウ」と「澪」の組み合わせに自信を見せるラエール氏。「すべての人に味の冒険を楽しんでほしい」とコメントを寄せた

「澪」とショコラのマリアージュについて、ラエール氏は「この美しい組み合わせを見つけるには長い時間がかかりましたが、非常に興味深い最高の組み合わせを作ることができた」と胸を張った。

店内1階には、フランスで大人気のケーキをはじめ、マカロンや焼き菓子、ショコラなど、2階のキッチンでできたてのスイーツが目白押し
  • 店内1階には、フランスで大人気のケーキをはじめ、マカロンや焼き菓子、ショコラなど、2階のキッチンでできたてのスイーツが目白押し

2019年1月15日(火)から2月14日(木)までの期間限定で販売される「パリ トウキョウ」。バレンタインの贈り物としてはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりだ。日本の清酒とショコラという新しい楽しみ方を、あなたも一度体験してみてほしい。

■アルノー・ラエール「パリ トウキョウ」
販売店舗:アルノー・ラエール広尾本店
住所:東京都渋谷区広尾5-19-9
営業時間:11:00~20:00
販売期間:2019年1月15日(火)〜2月14日(木)
電話番号:03-6455-7868
価格:378円(1粒)
公式サイトURL:http://www.arnaudlarher.jp

キーワード

[PR] おすすめ情報