伊勢谷友介が千葉を解放、京本政樹が“伝説の埼玉県人”に!?『翔んで埼玉』追加キャスト&ストーリーが判明!(1/3)

伊勢谷友介、京本政樹ら12名の個性派俳優が『翔んで埼玉』に集結
  • 伊勢谷友介、京本政樹ら12名の個性派俳優が『翔んで埼玉』に集結

「都道府県魅力度ランキング」で昨年よりもランクをひとつ上げ、見事43位に輝くなど人気沸騰中の埼玉県を題材にしたことで話題を集め、発表から約30年の時を経て単行本が復刊した魔夜峰央の人気コミックを実写映画化した『翔んで埼玉』(2019年2月22日公開)。このたび本作の追加キャストと物語の全貌が明らかになった!

先日解禁されたポスタービジュアルでは劇中でディスりまくってる埼玉県民に対しての謝罪の意を表明し、特報映像では原作の世界観を完全に再現していると思しき意味深なシーンの数々で話題をさらった本作。名門校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都民の中の東京都民・壇ノ浦百美役を二階堂ふみが、埼玉差別撤廃を目標に白鵬堂学院に転入してくる“隠れ埼玉県民”の麻実麗役をGACKTが演じること、さらに魔夜の代表作「パタリロ!」の実写版で主演を務めることが決まっている加藤諒が出演することはすでに明らかになっている。

そしてこのたび、新たに豪華12名の追加キャストが発表。東京都知事の執事にして実は“千葉解放戦線リーダ”の阿久津翔役には伊勢谷友介、伝説の埼玉県人・埼玉デューク役を京本政樹。さらに中尾彰や武田久美子、麿赤兒、竹中直人、間宮祥太朗、ブラザートム、麻生久美子らの実力派俳優陣。それに加えて、益若つばさ、島崎遥香、成田凌ら埼玉県が誇るスターも集結。

また、これまで謎のベールに包まれていたストーリーについても、未完成で突然終了した原作を大胆にアレンジすることが判明。百美や麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通してその伝説を振り返り埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成となるとのことだ。

他にも埼玉同様“通行手形”の撤廃を目論む対抗勢力として千葉県、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県、そして北関東の群馬県、栃木県、原作で「埼玉のさらに奥地にあると言われる日本の僻地」と紹介されるあの茨城県も参戦。関東一帯の各勢力が絡み合うという、壮大で気高い茶番劇。埼玉県民はもちろんのこと、全都道府県民必見の自由と誇りをかけた戦いから目が離せない!

「伝説パート」のキャラクターはこちらから!(2/3)

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報