アンジー、ボスニア映画で監督デビューを正式発表!

アンジー、監督デビュー!
  • アンジー、監督デビュー!

アンジェリーナ・ジョリーが、タイトル未定のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台にしたラブ・ストーリーで、監督デビューを果たすことが正式に発表された。

当初は、秋から製作が開始される同作でアンジェリーナが主演を務めると報道されたが、先週末にハンガリーのブタペストで、ブラッド・ピットや双子の子供たちと一緒に撮影中に滞在する家を探しをしているという情報もあり、製作側に携わるのではないかと言われていた。

Usウィークリー誌にイギリスの製作会社GKフィルムが明らかにしたところによれば、「同作は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1992~95年)勃発前夜に知りあったセルビア人男性とボスニア人女性のその後を描いた恋愛映画で、アンジェリーナが書いた脚本を基に製作しますが、撮影時期はまだ決まっていません。アンジェリーナはプロデュースを手がけるとともに監督を務めますが、出演はせず、出演者はできるだけ旧ユーゴスラビアから採用して、彼らからいろんなことを学びたいと考えている」そうだ。

アンジーは同作について「政治的なメッセージはない」コメントしているが、国際親善大使として尽力しており、熱い思いがどのように作品の中に反映されるのかが注目されている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報