ツアー最高額!メーガン妃、145万円のバレリーナドレスが大絶賛

メーガン妃、シドニーで着用したドレスが大絶賛
  • メーガン妃、シドニーで着用したドレスが大絶賛

オセアニア諸国を歴訪したヘンリー王子とメーガン妃は先月26日夜、シドニーのシャングリラホテルで行われた「ジオグラフィック・ソサエティー・ガラ・アワード」の授賞式に出席。オーストラリアン・ジオグラフィック誌を母体とする非営利団体が主催し、同国の自然保護活動家の貢献を称えるセレモニーは、メーガン妃が姿を現した途端に一気に華やかさを増したようだ。

飛行機トラブルで遅れて到着したメーガン妃は、今回のツアーで最高額となる1万ポンド(約145万円)のドレスをまとっての登場。アメリカのブランド、オスカー・デ・ラ・レンタによるクチュールドレスは、スカート部分のふわりとしたオーガンジー素材がバレリーナの衣装のようなデザイン。ニューヨークを拠点にする刺繍アーティスト、サラ・エモアのデザインした飛び立つ鳥のシルエットが目を引き、モノトーンでありながらも華麗な印象だ。ドレスの肩ひも部分はシアーな素材を使っているので、無数に舞う鳥の影が素肌に映し出されているように見え、細部まで凝った作りが施されている。

柔らかなオーガンジードレスに合わせ、メーガン妃は軽い巻き髪のダウンヘアでフェミニンな雰囲気を演出。足元はメーガン妃お気に入りのブランド、アクアズーラのブラック・パンプスで、舞踏会に出席するような優雅な着こなしを見せた。この装いを見た一般のネットユーザーたちからは、「ゴージャス!今回のツアーで一番いいわ」「ロイヤル・ツアーの中で最も美しいドレス!」と絶賛の声が多数。しかしながら、16日間のツアーでのメーガン妃の衣装代が総計10万ポンド(1450万円)に迫る勢いだということには不満の声も多く、ツアー終了後のファッション評価がどちらに転ぶのかは気になるところだ。

UK在住/シャオ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報