紅白歌合戦の出場も決定!宮沢和史率いるGANGA ZUMBAの全国ツアーがスタート!

最高の盛り上がりを見せるライブ!
  • 最高の盛り上がりを見せるライブ!

「第59回NHK紅白歌合戦」への出場も決まったGANGA ZUMBAが、12/7のZeppSendai公演を皮切りに全国ツアーをスタートした。日本人ブラジル移民100周年にあたる今年、バンド結成時からの彼らの夢であり目標だった、4都市5公演のブラジルツアーを成功させ、さらには日本でも愛知と横浜で日伯移民100周年を祝う大規模なフリーライブを行なうなど、ブラジルと日本を音楽で結ぶ大きな役割を果たした一年だった。

そんな、自らの夢さえも飛び越えてしまったGANGA ZUMBAのライブは、今最高に盛り上がっている。ボーカルの宮沢が「心を裸にして、楽しんでほしい」と言うように、「HABATAKE!」からスタートした約2時間のライブはあっという間に過ぎた。

曲目は8月にリリースされた2ndアルバム「GANGA ZUMBA」から初披露されたものも多く、このツアーのタイトルにもなっている「足跡のない道」は日本とブラジルが歩んできた100年を思って歌われた曲のため、特に印象強く、観客の心に響くメロディーと歌詞が会場をひとつにした。その後も、GANGA ZUMBAならではのジャンルを問わないリズミックなナンバーの連続に、客席で踊り出さない人はいない。彼らの全国ツアーは、ファイナルとなる12/30(火)のC.C. Lemonホールまで続く。

GANGA ZUMBAにとって、とても大事な年となった2008年の最後のステージを見逃さないよう、ぜひともチェックして欲しい。

【DVDリリース情報】
「10,000 SAMBA 〜LIVE FROM BRASIL TO JAPAN〜」(2008年12月3日発売)
4,800円(TAX IN) VFBV-00033
2008年7月に行なわれた4都市5公演のブラジルツアーから、9/15に横浜・赤レンガパークにて開催された「10,000 SAMBA!〜日伯移民100周年記念音楽フェスタ〜」までの様子を収録したライブ+ドキュメントDVD。

キーワード

[PR] おすすめ情報