休日は観光列車に乗って ~大人旅・列車と船で優雅なひとときを~ 特急『A列車で行こう』PR

大人の女性とよくいうけれど。大人ってなんだろう。

身なりも少しよくなって。メイクも少し上達して。仕事も人付き合いも器用になったけれど、何かにワクワクしたりときめいたりはなくなったかも。そんなとき、ふとラジオから聞こえてきたJAZZ。

曲名は「A列車で行こう」。

軽快な旋律が、今までになかった音色で心にこだまする。この高揚感って何かしら?何だが妙にお出かけ気分。“JAZZと列車”。ムーディーな大人旅の予感に胸が高鳴る。

さあ、出発。大人になった自分をたしかめる旅へ!

車内に流れるJAZZが大人の扉をノックする。特急「A列車で行こう」

黒と金色に縁取られたシックな車体が印象的
  • 黒と金色に縁取られたシックな車体が印象的

黒と金色のシックな車体。熊本駅から天草の玄関口である三角駅までを結ぶ特急「A列車で行こう」は、JAZZの名曲「A列車で行こう」にちなんで名付けられた。しっとりと落ち着いたたたずまいは、上質を知る大人の雰囲気。乗り込む自分もちょっと優雅に、しゃなりしゃなり。

車内の天井には、エンブレムが描かれている
  • 車内の天井には、エンブレムが描かれている
マリア像の置物
  • マリア像の置物
車両各所にあしらわれたエンブレム
  • 車両各所にあしらわれたエンブレム

「16世紀に天草に伝わった南蛮文化」をテーマにデザインされた2両編成の客車は、クラシカルな情緒にあふれる。随所に温かみのある色合いのインテリアが配され、ゆったりとした座席シートはSo Rich! 色鮮やかなステンドグラスやマリア像の置物などがヨーロピアンな風情を際立たせている。車内に流れるのは、もちろんJAZZの名曲「A列車で行こう」。自由闊達で優雅な旋律が大人の扉をノックするようだ。

風光明媚な海景色を眺めながらの列車旅

車窓からは海景色が広がる。遠くには雲仙普賢岳の姿も
  • 車窓からは海景色が広がる。遠くには雲仙普賢岳の姿も

熊本駅を出発して、宇土(うと)駅を過ぎると、列車は「あまくさみすみ線」へ。ほどなくして、車窓の外に海景色が広がりはじめる。

「あ、海!」

にわかに声が上ずる。「ついはしゃいじゃった」と照れ笑い。日の光に照らされる海はキラキラと輝き、流れる車窓にしばし見入る。街中では味わえない、やわらかさを含んだ風も心地よい。

御輿来海岸
  • 御輿来海岸

見どころは「御輿来(おこしき)海岸」。宇土半島北岸に位置するこの海岸は、その昔、景行天皇が九州遠征の際、あまりの美しさにしばし御輿をとめて見とれたという伝説からその名がついたとされている。干潮時には、砂紋(砂干潟)が現れるなど「日本の渚百選」・「日本の夕日百選」にも選ばれた景勝地だ。よく晴れた日は有明海を挟んだ対岸の長崎県雲仙普賢岳を望むこともできる。

旧きよき街角のバーを思わせる「A-TRAIN BAR」

1号車の約半分を占めるバーカウンターを備える。アルコールやソフトドリンク、おつまみなどを販売
  • 1号車の約半分を占めるバーカウンターを備える。アルコールやソフトドリンク、おつまみなどを販売
Aハイボール(デコポン)、季節限定ハイボール(各520円)を片手に車窓を楽しむ大人旅。天草塩チョコレート(570円)は、ハイボールとのセット(850円)もある
  • Aハイボール(デコポン)、季節限定ハイボール(各520円)を片手に車窓を楽しむ大人旅。天草塩チョコレート(570円)は、ハイボールとのセット(850円)もある
ゆったりと寛げるフリースペースで乾杯!
  • ゆったりと寛げるフリースペースで乾杯!

特急「A列車で行こう」に乗った際、ぜひとも利用しておきたいのが1号車にある「A-TRAIN BAR」。まるで本当のバーにいるような雰囲気漂う空間で、車内にサーバーを備えるハイボールやおつまみ、天草の塩を使ったJR九州限定チョコレートなどを味わえる。カウンターで客室乗務員と談笑したり、フリースペースのソファに腰掛け、車窓を眺めながら語らうのもいい。JAZZの流れる車内で、ゆったり寛ぎながらハイボール。「背伸びせずに楽しめる私、ちょっと大人かも」。

観光列車の乗ったらぜひGETしたい記念乗車証
  • 観光列車の乗ったらぜひGETしたい記念乗車証
客室乗務員によるフォトサービスも受けられる
  • 客室乗務員によるフォトサービスも受けられる
バーカウンターでは、オリジナルグッズもやご当地スイーツも販売している
  • バーカウンターでは、オリジナルグッズもやご当地スイーツも販売している
A列車で行こうCD(1540円)、D&Sストラップ(1080円)、ピンズ(520円)、クリアファイル(260円)などオリジナルグッズは8種類
  • A列車で行こうCD(1540円)、D&Sストラップ(1080円)、ピンズ(520円)、クリアファイル(260円)などオリジナルグッズは8種類
車内で無料配布している記念乗車証はスタンプ台紙にもなっている
  • 車内で無料配布している記念乗車証はスタンプ台紙にもなっている

JAZZの音色とおいしいお酒にほろ酔い気分。優雅なひとときは、ゆっくり流れるようでいて、気が付けばあっという間に過ぎていく。特急「A列車で行こう」の運行時間は40分ほど。きれいな景色に見とれて記念フォトや記念乗車証をGETするのもお忘れなく。

教会をイメージした「三角駅」は記念撮影スポットとしても人気が高い
  • 教会をイメージした「三角駅」は記念撮影スポットとしても人気が高い

降り立った先は、特急「A列車に行こう」の運行開始とともにリニューアルした「三角(みすみ)駅」。教会をイメージした駅舎は、南蛮文化が色濃く残る天草の地にピッタリの風情。駅舎をカメラに収めたら、次は天草観光へ。本日快晴、絶好の旅日和!

「三角駅」から徒歩2分!三角港から爽快クルーズ。新名所「リゾラテラス天草」へ

三角駅があるのは、のどかな港町。歩いて2分ほどの場所に三角港がある
  • 三角駅があるのは、のどかな港町。歩いて2分ほどの場所に三角港がある
蒼天の下、海風を浴びながらの船旅を楽しもう
  • 蒼天の下、海風を浴びながらの船旅を楽しもう

「三角駅」を一歩出ると、そこはもう海風薫る港町。駅から歩いてすぐの三角港へと向かい、ここから「天草宝島ライン」のビスタボニータ号に乗船して上天草の前島(松島)港を目指す。天草五橋や雲仙普賢岳、海に浮かぶ小さな島々を眺めながらの絶景クルーズを楽しむこと約17分。前島(松島)港に着いて、お楽しみのランチといこう。

天草の新たな観光名所として、世代を問わず人気となっている「リゾラテラス天草」
  • 天草の新たな観光名所として、世代を問わず人気となっている「リゾラテラス天草」
行列ができることも多い「天草塩パンラボ」。プレーン(140円)ほか、塩キャラメル(173円)、塩パンショコラ(194円)などがある
  • 行列ができることも多い「天草塩パンラボ」。プレーン(140円)ほか、塩キャラメル(173円)、塩パンショコラ(194円)などがある
「リゾラマーケット」は目移り必至の品ぞろえ!
  • 「リゾラマーケット」は目移り必至の品ぞろえ!
さまざまな天草みやげを販売する「リゾラマーケット」。一番人気は「天草黒糖ばなな」(8本入り432円、20本入り864円)
  • さまざまな天草みやげを販売する「リゾラマーケット」。一番人気は「天草黒糖ばなな」(8本入り432円、20本入り864円)

2015年にオープンした「リゾラテラス天草」は、テラスを備えるレストランのほか、数々のおみやげがそろうショップや天草の塩を使った多彩な塩パンが名物の「天草塩パンラボ」などを併設。年間約70万人が訪れるなど、天草の新たな観光名所として注目されている。

開放的なレストラン。大きな窓からは温かい日差しが差し込む
  • 開放的なレストラン。大きな窓からは温かい日差しが差し込む
リゾラ自家製シーフードカレー(1274円)。香り高い自家製カレーに、天草の海藻をトッピング
  • リゾラ自家製シーフードカレー(1274円)。香り高い自家製カレーに、天草の海藻をトッピング
天草サルシッチャのクリームパスタ(1382円)。天草宝牧豚で作ったイタリア風ソーセージ(サルシッチャ)をチーズたっぷりにクリームソースとともに
  • 天草サルシッチャのクリームパスタ(1382円)。天草宝牧豚で作ったイタリア風ソーセージ(サルシッチャ)をチーズたっぷりにクリームソースとともに
天草魚介のカルパッチョ(950円)。天草の魚介をオリーブオイルと魚醤の特製ドレッシングで
  • 天草魚介のカルパッチョ(950円)。天草の魚介をオリーブオイルと魚醤の特製ドレッシングで

レストランは全席オーシャンビュー。天草五橋の1つ「前島橋」や有明海を望みながら、天草の食材をふんだんに使ったシーフードカレーやパスタ、プレートランチ、本場さながらのナポリピッツァなどが味わえる。

[リゾラテラス天草]熊本県上天草市松島町合津字北前島6215-16 / 0969-56-3450 / 9:00~17:00(レストラン11:00~LO20:00、土日祝は10:30~) / 年末年始休

天草宝島ラインを運航するシークルーズの高速船
  • 天草宝島ラインを運航するシークルーズの高速船
イルカは野生なので、どこにいるかは決まっていない。広い海原を経験と勘を頼りに目視で探す
  • イルカは野生なので、どこにいるかは決まっていない。広い海原を経験と勘を頼りに目視で探す

絶景と天草の恵みを堪能したら、再び船旅へ。前島港から今回の旅のお楽しみ「イルカウォッチング」だ。このあたりは、野生のミナミバンドウイルカが約200頭生息。イルカがいる場所はその日によってバラバラだが、熟練のキャプテンが豊富な経験と勘でイルカがいるスポットを見つけてくれる。ほとんどの場合でかわいいイルカたちに出会うことができる。

「あ!いたいた!!」と大興奮。イルカと出会える確率は98%だとか
  • 「あ!いたいた!!」と大興奮。イルカと出会える確率は98%だとか
「撮って!」と言わんばかりに、警戒心なくイルカは船の周りを泳いでくれる
  • 「撮って!」と言わんばかりに、警戒心なくイルカは船の周りを泳いでくれる
プシュッ、プシュッと潮を吹くイルカたち。呼吸のために海上へ上がってくる時が撮影するタイミング
  • プシュッ、プシュッと潮を吹くイルカたち。呼吸のために海上へ上がってくる時が撮影するタイミング
「なかなか見られないですよ」と、船のベテラン乗務員も驚いた豪快なジャンプ!
  • 「なかなか見られないですよ」と、船のベテラン乗務員も驚いた豪快なジャンプ!

イルカたちは野生とは思えないほど人懐っこく、船と並走したり、船が起こす波に乗ってまるでサーフィンするように遊んだり。この日は機嫌がよかったのか、豪快なジャンプも見せてくれた。この時ばかりは“大人の女性”を忘れて、少女のように思いっきりはしゃごう。

[㈱シークルーズ]熊本県上天草市松島町合津6215-22 / 乗船料金(前島港~三角港間大人900円、イルカウォッチング大人4500円 / 0969-56-2458 / 8:30~17:30 / 無休

イルカたちとの別れを惜しみつつ、港へ戻る。帰りの列車までは少し時間もあり、三角駅で旅の思い出に浸っていると、またJAZZが聞きたくなった。軽快なリズムを頭の中でリピートしていると、足取りも軽やか。

「ちょっと大人になったのかな」

特急「A列車で行こう」とJAZZが好きになれた自分が、ちょっとうれしい。

体力は落ちたけれど。お肌のハリはちょっとなくなってきたけれど。

「明日の私は、今日の私よりきっとイイ女!」

よしっ!と小さく拳を握り、帰路に着く。

特急『A列車で行こう』

特急 A列車で行こう ルートMAP
  • 特急 A列車で行こう ルートMAP

[特急A列車で行こう]【熊本~三角】運行日:要問い合わせ / 1日2~3往復(全席指定) / 大人片道1880円、子ども940円

【九州ウォーカー編集部/文=前田健志(パンフィールド)/撮影=福島啓和/提供=九州旅客鉄道株式会社】

■特急「A列車で行こう」
区間:熊本~三角間
1日2~3往復(全席指定)
所要時間:約40分
運転日:要問い合わせ
料金:大人片道1880円、子ども940円
電話:092-482-1489
時間:10:00~19:00、土日祝10:00~18:00

⇒特急『A列車で行こう』の詳細はコチラ

⇒九州の観光列車情報はココからチェック!


⇒九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはコチラ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報