贋作か、ホンモノか? さおり&トニーが「骨董品」の目利き勝負/めづめづ和文化研究所④

骨董品鑑定

【著者紹介】小栗 左多里(おぐり・さおり)
岐阜県生まれ。1995年にデビュー。著書に『ダーリンは外国人1~2』、『ダーリンの頭ン中1~2』『ダーリンは外国人 with BABY』(KADOKAWA メディアファクトリー)、『英語ができない私をせめないで!』(だいわ文庫)、『プチ修行』(幻冬社文庫)、『めづめづ和文化研究所 京都』(情報センター出版局)、『さおり&トニーの冒険紀行 フランスで大の字』ほか「大の字」シリーズ(ヴィレッジブックス)など多数。

トニー・ラズロ
ハンガリー人の父とイタリア人の母の間に生まれ、米国に育つ。自他共に認める語学好き。1985年より日本を拠点とし、ライター活動開始。英語と日本語で文書を書く傍ら、1992年から多文化共生を研究するNGO「一緒企画(ISSHO)」を運営。

【書籍紹介】『新装版 めづめづ和文化研究所 京都』(KADOKAWA)
累計300万部突破!『ダーリンは外国人』著者の和文化探訪記、待望の新装版。
時を超えて受け継がれてきた、愛すべき日本の文化。さおり&トニー夫妻が古都京都で、その真髄を堪能してきました! 職人、住職、神主、女将……たくさんの魅力的な人々とお届けする京都和文化探訪、スタートです!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報