アンジェリーナ・ジョリー、激ヤセのせいか息子と一緒でも顔つきが厳しすぎ!?

最新のアンジーの姿に様々な反応
  • 最新のアンジーの姿に様々な反応

激ヤセが伝えられているアンジェリーナ・ジョリーが、国際連合難民高等弁務官特使として韓国を訪問。次男のパックス(14)とともに、ソウル市鍾路区三清洞のレストランをボディガードなしでサプライズ来店したことが話題になっている。

ピープル誌によれば、長男のマドックス(17)は韓国語を勉強しており、韓国に滞在して韓国語を本格的に学びたいと考えているそうで、アンジェリーナがそんな息子のために大学のキャンパスを訪問する機会を作ったのだとか。

キャンパスツアーに備えてマドックスはレストランには来ていなかったが、全身黒のパックスと、同じく黒ずくめの出で立ちのアンジェリーナが向かい合わせに座っている様子や、店員にメニューを聞いている様子を周囲の客たちがスマホで撮影。その時の写真や動画がSNSに投稿されている。

それらを見た人たちからは「生アンジー、羨ましすぎ!」「いいなー。私もあのお店に行くのに今日は行かずに後悔」「アンジー、やっぱりオーラがハンパない」「あの大スターがボディガードなし!?」といった声が寄せられている。

一方、「なんかさらに痩せた気がする」「息子たちと一緒でも、地顔が険しすぎ」「痩せたからか顔が怖い」「あんなに痩せていて大丈夫?」といった心配と驚きの声もあるようだ。

キーワード

[PR] おすすめ情報