酢や梅でさっぱり味に♪ 旬のかぶを使った簡単あえもの5選

「かぶの梅あえ」
  • 「かぶの梅あえ」

寒くなるにつれ、甘みが増していく冬野菜の「かぶ」。煮物やスープに入れてもおいしいですが、せっかくならかぶの食感を楽しみましょう。今回は、手軽に作れるかぶの和えもの5選をご紹介。すべて50kcal以下のヘルシーさで、酢や梅のさっぱり感が箸休めにぴったりです。副菜の新しいレパートリーに加えてみてはいかが?

かぶの梅あえ

【材料・2人分】

かぶ(葉つき) 2個、梅干し 1個、塩、みりん

【作り方】

1. 塩小さじ1/2と水大さじ2を混ぜ、塩水を作る。かぶは皮つきのまま葉と切り分け、かぶは縦薄切りにし、葉は粗く刻んでボウルに入れる。ボウルに塩水を加えてもみ込み、しんなりさせる。

2. 梅干しは種を除き、包丁で細かくたたく。

3. 1は水で洗ってざるにあけ、水けを絞り、2、みりん小さじ1を加えてさっくりと混ぜる。

(1人分29Kcal、塩分1.4g、調理時間5分)

かぶは皮つきのまま実と葉に切り分けてください。そのあと、しんなりするまで塩水でもみこみます。梅干しは果肉だけを細かく叩いて、和えやすくするのがポイント。みりんも加えるので、梅干しの酸みがまろやかに。

かぶの甘酢あえ

塩で軽くもんだかぶを、まずは電子レンジで加熱しましょう。昆布はこりこりした食感が楽しめるよう、せん切りにすると◎

ゆずの風味がバツグン♪「かぶの甘酢あえ」
  • ゆずの風味がバツグン♪「かぶの甘酢あえ」

かぶのナムル

かぶの実は食べやすいように縦半分にカットして、葉はざく切りでさっとゆでます。とうがらしのピリ辛感がアクセントに。

「かぶのナムル」
  • 「かぶのナムル」

かぶの梅あえ

ポイントは、かぶにあらかじめ塩で下味をつけること。みりん入りの梅だれのおかげで、全体の味わいがまろやかになります。

「かぶの梅あえ」
  • 「かぶの梅あえ」

かぶの梅あえ

塩をふったかぶは、少し時間をおいて水けをきりましょう。しょうゆを入れすぎて、梅の風味を消さないように注意!

「かぶの梅あえ」
  • 「かぶの梅あえ」

良質なかぶを見極める秘訣は、ひげ根が1本ぴんと伸びて葉が青々としているかどうか。ひげ根が多すぎたり、表面に傷があるものはなるべく避けましょう。保存するときはひげ根や葉をとり、茎を少し残してポリ袋に入れてくださいね。

詳しいレシピはこちら!
かぶの梅あえ
かぶの甘酢あえ
かぶのナムル
かぶの梅あえ
かぶの梅あえ

ほかにもいっぱい!「かぶのレシピ」をチェ




キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報