究極のリアリティー!“本物”の椎茸がストラップに

にぎわい商店で予約販売中の「椎茸ストラップ」
  • にぎわい商店で予約販売中の「椎茸ストラップ」

ハラタケ目キシメジ科シイタケ属に分類される食用のキノコ、“シイタケ”。鍋や肉詰め、煮物といった料理に欠かせない食材だが、なんとその本物シイタケをそのまま使ったストラップが登場した! 通販サイト「携帯ストラップの専門店ストラップヤ!本店」で予約販売されている「椎茸ストラップ」(498円)だ。

実は、5年ほど前にシイタケを使ったストラップを仕入れていたものの、製作や保存の過程で問題があり、1度取り扱いが中止になっていたという同社。そんな“いわく付き”の商品にも関わらず、社内や客から人気があったため、今回、5年前の復刻版として弱点を克服した新しい「椎茸ストラップ」を企画することになったという。

前回の教訓を生かすべく、3日という期間を費やして製作された同商品は、乾燥シイタケに特殊な溶液をつけて2~3日天日干しし、茎などの強度の弱い部分を補修したあと、さらに特殊な接着剤でストラップパーツをつけて完成するという、手の込みよう。色合いや菌ヒダ(カサの裏のヒダ)など、本物ならではの風合いを生かしているだけでなく、ほのかに芳ばしい香りもするというから、驚きだ。

「和・洋・中と、今や数多のミニチュア食品サンプルが市場に出回っている時代です。美しく整えられ、着色され、精巧に作られた品々は本物よりもおいしそうで、眺めていると小腹が空いてきます。そんな中でも、美化も着色もされていない自然のままの姿をしたシイタケは、まさに“究極のリアリティー”だと思います(笑)」と話すのは、プロダクト&デザインチームの福井さん。

本物を使っているだけに、シイタケが嫌いな人にはリアルすぎて思わず目を背けたくなるかも(!?)。携帯電話やポーチなど、身の回りの物に付けていたら思わず二度見してしまいそうなクオリティーをアナタも確かめてみては?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報