アイツとアイツが合体!? 「いも部」が泣いて喜ぶ「肉じゃがマヨサラダ」

「肉じゃがマヨサラダ」
  • 「肉じゃがマヨサラダ」

じゃがいもは、煮ものや揚げもの、炒めものなどあらゆる調理法に合う便利な野菜。メインディッシュから副菜まで数多くのじゃがいも料理がありますが、その中でも「肉じゃが」と「ポテトサラダ」は定番中の定番ですよね。

今回は、2つのメニューを掛け合わせた「肉じゃがマヨサラダ」をご紹介。まずはじゃがいもと牛薄切り肉などを「こっくり肉じゃが」に仕立てましょう。でき上がったら粗く刻み、カレー粉とマヨネーズであえれば完成。ほんのりスパイシーな風味が甘辛味と絶妙にマッチします。おつまみにもぴったりなので、家飲みの際にぜひ作ってみては?

肉じゃがマヨサラダ

【材料・2人分】

こっくり肉じゃが(じゃがいも 4個、牛切り落とし肉 200g、にんじん 1本、玉ねぎ 1個、さやいんげん 10本、サラダ油、酒、砂糖、しょうゆ、みりん)、サラダ菜 適宜、カレー粉、マヨネーズ

【作り方】

1. 牛肉じゃがを作る。じゃがいもは4~6等分に切って水にさらす。にんじんは一口大の乱切りにする。玉ねぎは1cm幅のくし形に切る。いんげんは長さを2~3等分に切る。

2. 鍋に油大さじ1を熱し、水をきったじゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れて炒める。油がまわり、じゃがいもの表面が少し透き通ってきたら、牛肉を加えて炒め合わせる。じゃがいもなどの野菜を炒めてから、牛肉を加えて炒め合わせると、肉のうまみが野菜になじむ。

3. 肉の色が変わってきたら水1カップを加えて強火にし、煮立ったらアクを除いてふたをし、中火で約5分煮る。

4. 酒、砂糖各大さじ3を加えて7~8分煮て、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ1を加える。時々上下を返しながら煮て、煮汁が少し残るくらいになったらいんげんを加え、さっと煮る。調味料は、酒、砂糖を先に加え、しょうゆ、みりんは仕上げに加えると、じゃがいもに味がしみこみやすく、照りも出る。

5. 肉じゃがマヨサラダを作る。肉じゃがは粗く刻んでボウルに入れ、カレー粉小さじ1/3、マヨネーズ大さじ4を加えてあえる。

6. 器に盛り、サラダ菜を添える。

(1人分346Kcal、塩分1.4g)

ポテトサラダを作る時、じゃがいもが熱いうちにマヨネーズとあえるのはNG。熱によってマヨネーズの成分が分離して、味も食感も悪くなってしまいます。入れるタイミングによって仕上がりに差が出るので、必ず粗熱がとれてから加えてくださいね。

ハヤシライス風な味つけの「洋風トマト肉じゃが」もおすすめ♪
  • ハヤシライス風な味つけの「洋風トマト肉じゃが」もおすすめ♪
詳しいレシピはこちら!
肉じゃがマヨサラダ
洋風トマト肉じゃが

ほかにもいっぱい!「肉じゃがのレシピ」をチェック!




キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報