川越市立美術館で「乙女デザイン ー大正イマジュリィの世界ー」開催中

2018年10月13日(土)~11月25日(日)の期間、川越市立美術館で「乙女デザイン ー大正イマジュリィの世界ー」が開催されている。

【写真を見る】竹久夢二の作品「涼しき装ひ」
  • 【写真を見る】竹久夢二の作品「涼しき装ひ」

展覧会名に使われている「イマジュリィ」とは、フランス語で装幀(ブックデザイン)、挿絵、ポスター、絵はがき、広告、漫画などの大衆的な複製としての印刷・版画の総称。

大正のかわいいデザインを集めた同展は、竹久夢二をはじめ、藤島武二、橋口五葉など当時の作家達が生み出した装丁や挿絵、ポスター、絵はがき、広告などの多彩な作品に出会うことができる。大正時代のポップカルチャーの旗手として大衆に浸透していったデザインは、現在においても、新鮮で魅力的だ。

橋口五葉「NIPPON YUSEN KAISYA」
  • 橋口五葉「NIPPON YUSEN KAISYA」

また11月は、展覧会を楽しめる充実したイベントも開催。11月11日(日)は特別ギャラリートーク、11月18日(日)には担当学芸員よる展示解説が行われる。

小林かいち「二号街の女」
  • 小林かいち「二号街の女」

川越の「大正浪漫夢通り」は竹久夢二の作品の通りをイメージにしている。川越の町並みに作品を重ねながら、川越市立美術館で乙女が悦ぶデザインを楽しみたい。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

このニュースで紹介されたイベント

[PR] おすすめ情報