レティシア王妃、トレンドのグレンチェックのパンツスーツはイマイチ!?

レティシア王妃のファッションに注目
  • レティシア王妃のファッションに注目

メラニア米大統領夫人、キャサリン妃、メーガン妃…とファッショニスタたちがこぞって取り入れているトレンドのグレンチェック。さらに、メラニア夫人やモナコ公国のシャルレーヌ公妃がオフィシャルなイベントで積極的にパンツスーツを取り入れる中、スペインのレティシア王妃も、双方のトレンドをばっちり取り入れた出で立ちでペルーを訪問した。

夫のフェリペ6世とともに、ペルー共和国の大統領夫妻から歓迎を受けたレティシア王妃は、アップにしたヘアスタイルにパールのイヤリング、キャサリン妃も御用達のキャロリーナ・ヘレラの黒地に白のボーダーが入った膝下のAラインドレスが若々しいと絶賛されたが、翌日は、レースの白いインナーにヒューゴ・ボスのグレンチェックのパンツスーツという出で立ちで、チャリティイベントに出席。

この日は、裾を緩やかにカールしたナチュラルヘアだったが、メイクもかなりナチュラルで、ハンサムなパンツスーツの着こなしに絶賛の声があがる一方で、「メイクが薄いから、かなり老けて見える」「美しいのはメイクマジックだった?」「ナチュラルすぎて、いつものレティシア王妃の美しさがない」「スーツは似合ってるけど、カジュアルなだけにフルメイクをしないと安っぽく見える」「あまり似合っているようには思えない」と、ファッショニスタのレティシア王妃にしては珍しく、あまり評判がよろしくなかったようだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報