自分で色を変えられる! 全国初“体験型イルミ”

光の花畑が7色に変化
  • 光の花畑が7色に変化

アミューズメント施設「浜名湖パルパル」(静岡県浜松市)では、「フローラ」をテーマにした本格的なイルミを初開催。総延長約60kmの光ファイバーや約60万球のLEDを使用するなど規模も圧巻だ。

早くも話題なのは、自分で色を変えられる全国初の体験型イルミネーション。光の泉周辺に光の花畑が登場しゆっくりと色が変化する。その中心に、光ファイバーで装飾されたオーロラキャビンを設置。真ん中にある仕掛けに手をかざすとイルミや観覧車の色が変化する仕組みだ。光の花の中に立つ木も紫や黄色など7色に変化する。

■体験は下の画像を順にクリックしてご覧ください■

ほか、オーロラのように変化する光ファイバーの花棚では6種のLEDの花が登場。ロマンチックな雰囲気が楽しめる。

イルミネーションは2009年1/5(月)まで点灯中。点灯時間は16:30ごろから閉園まで。入園料は大人1000円。【東海ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報