サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

安井謙太郎、“ジャニーズあるある”で初MCに挑戦!森田美勇人「YOUやっちゃいなよ!」とエール

安井謙太郎、森田美勇人に背中を押されてMCにトライ!
  • 安井謙太郎、森田美勇人に背中を押されてMCにトライ!

ジャニーズJr.の安井謙太郎が映画初主演を務めた『ニート・ニート・ニート』の初日舞台挨拶が11月23日に新宿ピカデリーで開催され、安井をはじめ、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生、宮野ケイジ監督が登壇。無茶振りによって、初MCを任された安井が「こういうのって事前に教えていただけるものなんじゃないかな」と困惑しつつも、「やるしかない!」と奮起。森田が「“ジャニーズあるある”ですから。YOUやっちゃいなよ!」とエールを送るなか、キャストや監督からエピソードトークを引き出し、最後にはしっかりとファンへの感謝を語るなど、見事にMC業をやり遂げた。

本作は広大な夏の北海道を舞台に、3人のニートと1人の少女が縦横無尽な逃避行を繰り広げる青春ロードムービー。安井は「MCというのを、さっきそこで聞いた!」と舞台袖で告げられたそうで、「こういうのって事前に教えていただけるものなんじゃないかなと思って…」と大慌て。「やるしかない!」と勇み立ち、「さ!映画はいかがでしたでしょうか!もっとパチパチパチ!とやってもらっていいんですよ!」と拍手を求めるなど、会場を盛り上げた。

台本を開くと「怖い…。『お好きにお願いします』と書いてある」と苦笑いを見せた安井。ロケバスに乗り込んで、長距離移動しながらの撮影となったが、安井は「撮影の思い出は?」とキャスト陣に話を向けた。森田は「スタッフさんも一緒にギュウギュウ詰めになって、ロケバスで移動。脚を伸ばせないという問題がありましたね」と述懐。安井は「山本くんは特等席があって、一番脚が伸ばせられる場所を確保。見てわかると思いますが」と山本の脚の長さに触れ、「僕はどこでも大丈夫!『(山本から)ロケバスで脚が伸ばせなくてヤバイ、痺れる』と言われて、初めてそんなことがあるのかと知った。お、おう!痺れる!って(答えた)」と自虐コメントを放ち、笑いを誘っていた。

茶目っ気たっぷりに映画をアピールしていた安井だが、最後には「初MCをやらせていただいた」とニッコリ。「僕たちだけではなく、ファンの皆さん、北海道の皆さんの力を借りてできあがった作品。北海道では地震が起こったばかりで、僕らもどこまで力になれるかわかりませんが、少しでも恩返しできるような映画になれば」と力強く語っていた。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報