【福岡のカフェ】凛とした空気が心地よい喫茶で心の静寂を「手音」

村上崇さんが九州芸術工科大学(現・九州大学大橋キャンパス)横に「手音」を開いたのは、2003年のこと。まだ今泉に店を構えていたころの「珈琲美美」で4年10か月勤め上げ独立を果たした。

村上さんの抽出姿はまるで神事を見ているよう。ただ、淹れ終わるとまたいつもの静かな空間に戻る
  • 村上さんの抽出姿はまるで神事を見ているよう。ただ、淹れ終わるとまたいつもの静かな空間に戻る

入店前、まだ客として通いつめていたころ、カウンターでマスターの故・森光宗男さんがコーヒーを淹れる様子を飽きもせず眺めていた。「湯を注ぐとネルの中に、むくむくと命が吹き込まれるように感じるんですよ」と村上さんは思い出す。おそらく、今「手音」で村上さんのドリップする姿を見た客も、同じように厳かで神秘的なものを感じるだろう。それほどまでに「手音」もまた静謐な空気に満ちている。

【写真を見る】木漏れ日が射し込む時間帯は特に美しい。本を片手にじっくり過ごす客も多い
  • 【写真を見る】木漏れ日が射し込む時間帯は特に美しい。本を片手にじっくり過ごす客も多い
キリマンジャロやエルサルバドルなどストレートは5種類用意
  • キリマンジャロやエルサルバドルなどストレートは5種類用意

結局、修業期間中は一度も焙煎の様子を見る機会はなかったが、その味わいはしっかりと舌に留めている。今はそれを頼りに手廻し式の焙煎機で2日に一度豆を焼いている。左の焙煎度を見てもわかるように扱う豆はほとんどが深煎り。二枚看板ともいえるブレンドは、すっきりとして軽い「爽」と香ばしさとコクのある「薫」と、対極といっていい味わいに作り分けている。

街に溶け込む控えめなたたずまい
  • 街に溶け込む控えめなたたずまい

特にモカハラールとマンデリンという重厚感のある豆を使い、120ccに対し30gもの豆を使う「薫」は、その濃厚な味に虜になる人も多いという。また、コーヒーを入れたシェーカーを氷塊に押し付け、回転させながら急冷するアイスコーヒーも美味。暑い季節にはぜひ試してほしい。

[手音(テノン)]福岡県福岡市南区塩原4-12-10 / 092-512-6117 / 11:00~20:00 / 不定休 / 13席 / 禁煙 / コーヒー1杯 550円~

⇒世界・日本中から熱視線!福岡のコーヒー店がついに1冊になりました!「福岡コーヒーBOOK」
【カドカワストア/Amazon】で「福岡コーヒーBOOK」を購入!



⇒九州のカフェをチェック


⇒九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはコチラ

キーワード

[PR] おすすめ情報