EXILE、BOφWY以来20年ぶりの大記録を達成!!

テレビで放送されたEXILEの軌跡で、ファン層が大幅に広がった!
  • テレビで放送されたEXILEの軌跡で、ファン層が大幅に広がった!

2008年を“EXILE PERFECT YEAR2008”と題し、そのお題のひとつとして3作のコンセプトベスト「EXILE CATCHY BEST」(3/26発売)、「EXILE ENTERTAINMENT BEST」(7/23発売)、「EXILE BALLAD BEST」(12/3発売)をリリースし、その全ての作品がオリコン週間アルバムランキングで首位を獲得。この記録は男性アーティストとしては1988年のBOφWY以来20年ぶり史上2組目の快挙となった。

今年のEXILEは、11/27に放送されたベストヒット歌謡祭でグランプリを受賞したばかりでなく、今年最も歌われたアーティストランキング(第一興商発表)でも首位を獲得し、YAHOO検索ランキング(著名人部門)でも1位と、様々な記録を樹立。その理由として、既存のファンに続いて新たなファン層を広げてきた事が一番の要因であると考えられる。

TBS「中居正広の金スマ波乱万丈スペシャル」(9/26放送)では、彼らのこれまでの苦難の軌跡を特集し、本人達も苦悩の日々を赤裸々に語った事で多くの試聴者に感動を与えた。この放送により、これまでのファンの中心であった10代〜20代の男女だけでなく、子供から30代〜40代の男女まで幅広く知ってもらうきっかけとなり、ファンの年齢層を拡大する一因にもなった。その影響を示すかのように、販売面においても楽天市場世代別ランキングで全ての世代で「EXILE BALLAD BEST」が上位にランクインされており、総合ランキング(CD以外の商品も含む)においても堂々の2位にランクインする事は極めて珍しく、老若男女問わず幅広くファンを拡大していることが伺われる。

今現在行われている初となる5大ドームツアー(40万人動員)も、家族連れや親子でLIVEに参加している方々が非常に多く、幅広いファンを獲得したEXILEは、現在発売中の「日経エンタテインメント」1月号(日経BP社)においても、今年総合2008年ヒット番付でTOPを飾り、今や社会現象となっている。これから年末にかけては「日本有線大賞」「日本レコード大賞」「紅白歌合戦」など大型番組への出演も予定しており、また大きな話題を呼ぶ事になるだろう。

キーワード

[PR] おすすめ情報