エズラ・ミラーも大興奮!「東京コミコン2018」を盛り上げたコスプレイヤーたち【写真26点】

映画、コミック、アニメ、特撮、ゲームなどポップカルチャーに関するコンテンツが、幕張メッセに一堂に会した、11月30日〜12月2日開催の「東京コミコン 2018」。様々なキャラクターになりきったコスプレイヤーたちも多く参加していたので、ぜひその様子を紹介したい!

「東京コミコン 2018」のコスプレイヤーたちをチェック!
  • 「東京コミコン 2018」のコスプレイヤーたちをチェック!

エズラ・ミラーも飛び入り参加のDCコスプレショー!

コンテストで優勝した『バットマン リターンズ』版のキャットウーマン
  • コンテストで優勝した『バットマン リターンズ』版のキャットウーマン

会場では、ステージングイベントとしてコスプレコンテストも3日間に渡って行われ、筆者が足を運んだ3日目にはDCのコスプレステージが開催。スーパーマンやバットマン、ジョーカーにキャットウーマンなど、ヒーロー、ヴィラン問わずバリエーション豊かなキャラクターがステージに登場した。オリジナルに忠実なハイクオリティなものから、自分流のアレンジを施した個性的なコスチュームまで、様々な形でDC愛を表現していた。

【写真を見る】エズラ・ミラーも大興奮の「東京コミコン」を盛り上げたコスプレイヤーたち【写真26点】
  • 【写真を見る】エズラ・ミラーも大興奮の「東京コミコン」を盛り上げたコスプレイヤーたち【写真26点】

有名コスプレイヤーやタレントなどもゲスト参加したこのコンテストの途中には、「鋼の錬金術師」のエドの格好をサンディエゴのコミコンで披露するなど、コスプレ好きとして知られるエズラ・ミラーも飛び入りで舞台に登場。自身が演じているDCのヒーロー、フラッシュをはじめとしたコスプレイヤーたちの作品への愛を感じさせる姿に、感激しきりな様子だった。

アメコミから洋画、あのキャラクターまで!

ホークアイのコスプレをしたおさるさん
  • ホークアイのコスプレをしたおさるさん

コンテストの参加者だけでなく、会場にはコスプレイヤーがいたるところにいて、写真を撮られたりと大人気だった。中でも多く見かけたのが、コミコンということもあり、やはりアメコミ系のレイヤーたち。今回来日を果たしたトム・ヒドルストンが演じているロキや、ジェレミー・レナーのホークアイなど、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)関連のキャラクターは特に多く、同じキャラでもそれぞれに個性が出ていて、見比べるのもおもしろかった。

人気のコスプレだったデッドプール
  • 人気のコスプレだったデッドプール

もこもこ超かわいい!イウォークたちも
  • もこもこ超かわいい!イウォークたちも

同じMARVEL作品でも、現在映画が公開中の『ヴェノム』や『X-MEN』など、MCUに含まれないキャラクターの姿も多数。特に『デッドプール』は多く見かけたキャラクターの一つで、最近の映画の大ヒットによる勢いを感じることができた。また、洋画系では『スター・ウォーズ』はもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーフィー&ドクや『13日の金曜日』のジェイソンといったホラー系のキャラクター、さらには劇場でおなじみの映画泥棒まで、思い思いの格好を楽しんでいた。

マーティーとドクのコスプレをしたゆうきさん、ひろとさん、頑次狼さん(左から)
  • マーティーとドクのコスプレをしたゆうきさん、ひろとさん、頑次狼さん(左から)

ジェイソンのコスプレをしたアトムさん
  • ジェイソンのコスプレをしたアトムさん

普段は交わることのないコミックスと映画のキャラクターがクロスオーバーしていたり、コミコンでしか見ることのできないような光景もあり、ポップカルチャーへの愛を表現しているコスプレイヤーたちの姿は素敵なものだった。

キーワード

[PR] おすすめ情報