「Yahoo!検索大賞」の大賞はKing & Prince。中村倫也や今田美桜など、各賞の受賞者が登壇

「Yahoo!検索大賞」の2018年の受賞者たち
  • 「Yahoo!検索大賞」の2018年の受賞者たち

Yahoo! JAPANで前年と比べて検索数が最も急上昇した人物、製品、作品などを表彰する「Yahoo!検索大賞」。2018年で5回目となったこのアワードの発表会が、12月5日に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催され、キンプリことKing & Princeの大賞のほか、各賞が発表された。

会場には、女優部門賞の今田美桜、声優部門賞の小林由美子、俳優部門賞の中村倫也、お笑い芸人部門賞のひょっこりはん、作家部門賞の矢部太郎などの受賞者が登壇し、MCを今田耕司が務めた。

作家部門賞を受賞した矢部は、「大家さんと僕」で第22回手塚治虫文化賞の短編賞にも輝いている。受賞の喜びを誰に伝えたいかと尋ねられた矢部は「もうお伝えすることは叶わないんですが、漫画のモデルにさせていただいた大家さんにお伝えしたい。みなさんが僕に興味を持ってくださったことをすごく喜んでくださっていたので」と亡き大家さんを偲んだ。

声優部門賞は「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけの声を矢島晶子から引き継いだ声優・小林由美子に。「先代の方が天才だったので、そこを引き継ぐということで、すごい練習しました」とプレッシャーを告白。その後、クレヨンしんちゃんが登場し、その場でアフレコも行った。しんちゃんは「よろちくび!」も披露し、会場を笑いに包んだ。

お笑い部門賞を受賞したひょっこりはんは「怒涛でした。1日10回以上はひょっこりしたので、そこから×360と考えると、1年で3600回です」と多忙ぶりを明かした。また、彼の衣装を手掛けている“ひょっこりちゃん”という彼女との結婚について聞かれると「そろそろしなあかんなと。2019年、期待しといてください」と力強く語った。

女優部門賞は、ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」などで注目された今田美桜が受賞。今田耕司から「タイプの男性は?」と聞かれると「少年みたいな人が好きです」と答えた彼女。今田耕司が「僕やったら、ゴールした時に、名前変えんでええよ」と猛アピールするも、今田美桜は「大丈夫です」と笑顔を見せる。今田耕司は「瞬殺で断られました」と肩を落とした。

俳優部門賞を受賞したのは、朝ドラ「半分、青い。」や『孤狼の血』(18)の中村倫也だ。数々の役柄をこなすカメレオン俳優と評される中村。「ここだけの話ですが、まだ、(素顔は)バレてないなという安心感があります」と余裕の表情を見せつつ「いま、ビビりたおしてます」と苦笑いした。

「Yahoo!検索大賞」は、2018年1月1日から11月1日までの集計データをもとに、“今年の顔”として最も検索数が急上昇した人物に贈る「大賞」に加え、「パーソンカテゴリー(10部門賞)」「カルチャーカテゴリー(6部門賞)」「プロダクトカテゴリー(7部門賞)」「ローカルカテゴリー(47部門賞)」を表彰。今年は平成最後の検索大賞を記念し、平成生まれの男女を「スペシャル部門賞」として、大坂なおみと羽生結弦を選出。King & Princeは、大賞とアイドル部門賞の2部門での受賞となった。

キーワード

[PR] おすすめ情報