ジョージ王子とシャーロット王女、マイ・クリスマスツリーに飾り付け!

ジョージ王子とシャーロット王女にマイ・クリスマスツリーが?
  • ジョージ王子とシャーロット王女にマイ・クリスマスツリーが?

11月14日のチャールズ皇太子の70歳の誕生日にドキュメンタリーや公式写真が公開されるまで、ずっと不仲説が流れていたチャールズ皇太子夫妻とウィリアム王子夫妻。その理由の一つが、キャサリン妃と実家ミドルトン家の親密な関係だ。

毎年ウィリアム王子一家は、ロイヤルファミリー恒例のクリスマス礼拝のためにエリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウスに行くが、その後一家はそろってキャサリン妃の実家で過ごしていることもチャールズ皇太子夫妻との不仲説の原因となっていたようだが、それが一蹴された今、キャサリン妃の母キャロルが初の単独インタビューに応じ、クリスマスの過ごし方について語った。

パーティプランニング会社を経営するミドルトン夫妻は、ロンドン西部のバークシャーのバックルベリーの邸宅で暮らしているが、その邸宅には、なんと孫それぞれに個室が準備されているとか。

「ジョージ王子とシャーロット王女は、早くもクリスマス気分で、クリスマスソングを歌い始めているんです。ツリーも飾り付けを始めているところです。それぞれの部屋にクリスマスツリーがあるので、自分たちで飾り付けをします」とのこと。

キャロルが「普段は極めて普通の生活を送っている」と語ったことについてネットユーザーたちからは、「ルイ王子と、キャサリン妃の妹ピッパの息子アーサーのツリーも加わったら、来年は孫だけで4部屋必要。そして4本のクリスマスツリーを飾るってどこが普通なの?」「まさかハロウィンの時にプリンセスのコスチュームを売ったみたいに、2人のデコレーションを商売にしないよね?」といった否定的な声もある。

一方で「それぞれの個性が出ているツリーを見てみたい!」「今は2本、将来は4本のクリスマスツリー、是非何らかの形でお披露目してほしい」「グッズにしてくれたら買いたい!」といった声も寄せられており、将来はニーズにこたえてキャロルが何らかの商売に打って出るかもしれない。

キーワード

[PR] おすすめ情報