劇場版「ガンダム00」出演の勝地涼が魅力を熱く語る!!

デカルト・シャーマン役の勝地涼
  • デカルト・シャーマン役の勝地涼

9月18日(土)より全国公開される「劇場版 機動戦士ガンダム00 (ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-」で、デカルト・シャーマン役として声優出演する勝地涼にインタビューを行った。

同作は、TBS系列で放送されたアニメ「機動戦士ガンダム00」('07~'09年)を映画化。TVシリーズから2年後の世界を舞台に、主人公の刹那・F・セイエイたちガンダムマイスターが、最後の戦いへと向かう姿が描かれる。24世紀初頭、戦争根絶を掲げた私設武装組織“ソレスタルビーイング”が、ガンダムを使った武力介入を始め、世界を急変させた。その後、地球連邦政府が設立されると、独立治安維持部隊“アロウズ”と、世界を巻き込み対立することに。それらの教訓から、人類は武力に頼らない社会を選択する。西暦2314年、130年前に廃船となっていた木星探査船が地球圏に接近。それは、人類の存亡を懸けた戦いを告げる船だった。

今回の劇場版に登場する、純粋種のイノベイターで地球連邦軍大尉・デカルト・シャーマンを演じる勝地は、「最初に台本を読んだ時のイメージがすごく冷徹で、人間をバカにしているようなイメージだったんですけど、アフレコで演じているうちに、宿命を押し殺しているからこそ、ああいう態度になるんだなと思いました。自分にイノベイターの力はいらないです。人間を超越しても切ないですから」と役柄の印象を。また続けて、「それぞれのキャラは過去を描かれていますが、(デカルトは)唯一過去が描かれていません。逆に描かれていない分、想像できると思います。スピンオフでデカルトは面白いと思いますよ。そういう話があれば、ぜひ引き受けます(笑)」と意欲的に語った。

オファーを受けた際の印象について勝地は、「僕でいいのかなって思いました。僕が生まれる前から人気のある作品ですし。正直、『00』を見たことがなかったんです。でも、TVシリーズを見てファンになりました! 単純に正義が全部正しい訳ではなく、かといって悪側にも自分たちにとっての正義がある。その中にも、なぜ戦わなくてはならないのかという悲しみもある。すごくリアリティーがあるし、人間としてのドラマが描かれていますよね」とガンダムの魅力を熱く語る。また、好きなキャラクターもできたようで、「ミスター・ブシドーが好きです! 執拗(しつよう)なまでに刹那を追い続けて、悲しみもありますよね。一番乗りたいガンダムは、アレルヤ(・ハプティズム)のガンダムハルートですね。速い機体が好きなんです。でも、ロックオン(・ストラトス)の『狙い撃つぜ』っていうのも言ってみたい」と目を輝かせていた。

劇場版については「戦争ばかりだった人類が、地球外生命体が来ることによって、ようやくまとまります。どのキャラクターを取ってもドラマがあるし、戦闘シーンも格好いい。最後のエンディングは僕としては複雑でしたけど。でも、後に続く何かを残している感じで。また何かが起こるんじゃないかっていうメッセージもあると思います」と分析する。アフレコでは、「声優さんの中に僕が入ることによって、世界を壊さないかと考えましたし、不安がありました。以前やった時は、表情や顔を作ってやってたんですよね。でも、自分の感情を込めるよりも、、音の高低だったり、息遣いが大切だということを実感しました」と独自の理論を持っている様子。

劇場版の見どころを「すごく楽しみにしている方も多いと思うので、絶対期待を裏切らないような作品になっていると思います。僕もいちファンとして、早く見たいですし、戦闘シーンも格好いいので劇場で迫力のある音、映像で見なくちゃ損です。ガンダムに触れたことのない方には、僕も最初はそっち側だったよって言いたいですね。これをきっかけにTVシリーズを見て予習していただいたりして、少しでもガンダムの魅力が伝わればいいなと思います」と語った。

「劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-」
9月18日(土)より全国公開

キーワード

[PR] おすすめ情報