“綺麗過ぎる”と話題だった姿を再び!三浦春馬「どうにか成長した姿を見せなければ」(1/3)

【写真を見る】三浦春馬の艶やかな女装姿も話題だった「キンキーブーツ」
  • 【写真を見る】三浦春馬の艶やかな女装姿も話題だった「キンキーブーツ」

小池徹平と三浦春馬のW主演で、全日完売&連日スタンディングオベーションという盛り上がりをみせたブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」(2016年)が、2019年春、待望の再演が決定した。

経営不振に陥った靴工場の跡取り息子チャーリー(小池)がドラァグクイーン(女装家)のローラ(三浦)と出会い、ドラァグクイーン専用のブーツ工場として再生する過程を描いたストーリーは笑いと感動が満載。鍛え抜かれた肉体と美しい女装姿でも当時話題となった三浦に、再演への意気込みをじっくりと聞いた。

2019年春に待望の再演が決定したブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」に出演する三浦春馬
  • 2019年春に待望の再演が決定したブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」に出演する三浦春馬

毎日がスペシャルな日になっていました。

――2016年の「キンキーブーツ」初演で印象に残っていることはなんですか?

1公演1公演、お客さんの本当にうれしそうな顔だったり、喜んで帰ってくださったんだろうな…って想像できるような温かい声援をいただいたこと。また、そんな環境の中で最後までしっかり走り切れたっていうのはすごく大きかったです。幕が開いた当初は、こんなにもいい反響がリアルタイムで来るなんて思ってなかったんですよ。本当に毎日がスペシャルな日になっていました。

――三浦さんが演じたのはドラァグクイーンのローラ役。いかがでしたか?

興奮していたし、稽古中から早くステージに上がりたいという気持ちでした。ただ自分のスキル不足を実感することも多くて。もどかしい思いをすることも結構ありましたね。でもひとつ言えるのは、この作品の持ってるエネルギーやパワーみたいなものはすごくて。(本番に)入ってしまえば、そういうものに自然と引っ張られるようなところもあったと思います。

ひたすらチャレンジ、チャレンジ…の毎日(2/3)
ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」
出演:小池徹平、三浦春馬ほか
※公式HPはこちらから※
東京公演:2019年4月16日(火)~5月12日(日) 東急シアターオーブ
※チケット一般発売 2018年12月8日(土)~
大阪公演:2019年5月19日(日)~5月28日(火)オリックス劇場
※チケット一般発売 2019年1月19日(土)~

キーワード

[PR] おすすめ情報