斎藤工もしょんぼり?主演映画が過激すぎて映画祭に出品中止

動揺と落胆の様子を見せる斎藤工
  • 動揺と落胆の様子を見せる斎藤工

不朽の名作として今なお読み継がれ、1度映画化もされた阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」が、斎藤工を主演に迎え『麻雀放浪記2020』として35年ぶりに再び映画化。来年4月5日(金)の公開を前に、本日開幕のマカオ国際映画祭で上映を予定していた本作だが、まさかの出品中止となってしまったようだ。

和田誠監督の映画版『麻雀放浪記』(84)を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望しており、ついに念願がかなって2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演する。メガホンをとるのは、今期賞レースを独占している『孤狼の血』の、白石和彌。原作は1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期を描いているが、本作では原作を原案とし、スピリットを受け継ぎながら設定やキャラクターを大胆アレンジした。

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の未来。人口は減少し、労働はAI に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている。そしてそこは“東京オリンピックが中止”となった未来だった。嘘か、真か。1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは…。

本作は、ギャンブルが1つのテーマとなるためギャンブラーの聖地であるマカオでのキックオフがふさわしいという理由と、唯一の日本映画の出品作品としてマカオ映画祭から出品要請があったため、第3回マカオ国際映画祭でのワールドプレミアを行う予定だった。

しかし、映画祭側の公式な見解として、セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、設定となっている“世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になった”というシニカルな背景設定など、過激で反逆的なシーンが多いという理由から、急遽出品が中止という判断が成された。

はたして、どれほどの過激なシーンがあり、どのような設定が時事ネタとして危険視されてしまったのか。マカオ国際映画祭に出品できなくなってしまうほどの問題作、その全貌が披露される日が、いまから待ち遠しい。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報