手間も時間もかかるのに大人気。それほどおいしい「ぶり大根」の作り方

できたてはもちろん、翌日もおいしい!
  • できたてはもちろん、翌日もおいしい!

冬に入ってから、レタスクラブニュースの人気レシピランキングで常に3位以内に位置しているメニューが、「ぶり大根」。脂ののったぶりと甘みの増した大根、ともに旬を迎えた食材のおいしさを余すことなく味わえる一品です。手間も時間もかかるメニューなのにも関わらず人気を集める理由は、ただただおいしいから。一度食べれば「また食べたい」と思わずにはいられない、絶品「ぶり大根」。ぜひご賞味ください。

ぶり大根

【材料】(作りやすい分量・3~4人分)

ぶり 3~4切れ(約400g)、大根 1/2本(500~600g)、しょうが 大1かけ(約20g)、砂糖、みりん、しょうゆ

【作り方】

1.大根としょうがはよく洗って水けをふく。大根は皮つきのまま2~3cm厚さの半月切りにする。しょうがは皮つきのまま薄切りにする。

大根は皮つきのまま切って、大根のうまみをまるごと味わいます。切り方は乱切りでも。大きめに切ることが大事
  • 大根は皮つきのまま切って、大根のうまみをまるごと味わいます。切り方は乱切りでも。大きめに切ることが大事

2.ぶりは、皮にうろこが残っていたら包丁でこそげ、4~5cm幅に切る。大きければさらに半分に切る。

3.鍋にぶりと大根、しょうがを入れる。材料がひたるくらいに水を注ぎ(直径21cmの鍋の場合、水は約5カップ)、強火にかける。

4.煮立ったら、浮いてきたアクや泡をていねいにすくう。

最初に出たアクをしっかりと取っておくと、すっきりとした味に
  • 最初に出たアクをしっかりと取っておくと、すっきりとした味に

5.砂糖、みりん各大さじ4を加える。煮くずれの原因になるので、調味料を加えても混ぜない。

6.水でぬらした落としぶた(またはオーブン用ペーパー)をして、中火で約10分煮る。汁が常にくつくつと煮立つくらいの火加減を保つ。

落としぶたをすると、汁が全体にまわり、水分の蒸発を適度におさえ、混ぜなくても調味料がいきわたるので、煮くずれない
  • 落としぶたをすると、汁が全体にまわり、水分の蒸発を適度におさえ、混ぜなくても調味料がいきわたるので、煮くずれない

7.しょうゆ大さじ3を加え、再び落としぶたをして約30分、煮汁の量が、1/3量ぐらいになるまで煮る。途中、時々アクを除いたり、煮汁を回しかけて味を含ませる。

8.しょうゆ大さじ2を回し入れる。

しょうゆは2回に分けて加えるのがポイント。最初のしょうゆでじっくりと味を含ませ、仕上げのしょうゆでさわやかな風味を生かして
  • しょうゆは2回に分けて加えるのがポイント。最初のしょうゆでじっくりと味を含ませ、仕上げのしょうゆでさわやかな風味を生かして

9.鍋を傾けて煮汁をすくい、回しかけながら、つやよく仕上げる。器に盛り、煮汁をかける。

(1人分339kcal、塩分2.7g)

詳しいレシピはこちら!
ぶり大根

変わりダネの韓国風ぶり大根もおすすめ!
ピリ辛ぶり大根をチェック!



キーワード

[PR] おすすめ情報