1日たっぷり遊べる!アクセス抜群の「イオンモール筑紫野」が誕生

3500台分の駐車場もすぐに満車!
  • 3500台分の駐車場もすぐに満車!

12/5(金)、筑紫野地区最大級のエンターテイメントモールとして注目を集める「イオンモール筑紫野」がオープンした。福岡市と久留米市の中間に位置し、西鉄朝倉街道駅やJR天拝山駅・高速道路筑紫野ICなどからも近く、アクセスのしやすさがポイントだ。敷地面積は98,200�とヤフードームの約1.5倍の広さで、筑紫野地区最大級の大きさに圧巻である。近所に住む40代の女性も自転車に乗って「いまから行きます」と地元からの注目度も高い。早速入ってみると高さ20mの3層吹き抜けが開放感たっぷりで、九州初19店舗・福岡初12店舗とフレッシュなラインナッップがそろい、「楽市楽座」「ワーナー・マイカル・シネマズ」「蔦谷書店(TSUTAYA)」も含め180の専門店が3階にわたってぎっしりと入っている。

オープンして最初の週末ということもあって、カップルや学校帰りの学生・小さな子供連れのファミリーなど、エスカレーターに乗るにも詰まるほどの多くの買物客でにぎわっていた。「すべてのお客様に使いやすいように」とユニバーサルデザインを積極的に取り入れており、なかでもトイレへのこだわりが強く感じられる。各階に通常のトイレと併せてカラフルな色使いと低く設計された扉が特徴の「キッズトイレ」や介護ベッド付きの「みんなのトイレ」、さらにすべての入口に点字のトイレ内案内図が用意されている。また、1、2階には身長計や体重計の置かれた授乳室を完備し、ベビーカーは約200台用意。ユニバーサルデザインのなかに、メインターゲットであるニューファミリー層を意識した配慮が目立っていた。モール内ではベビーカーに揺られながら気持ちよさそうに眠る子供の姿も多く見られ、にぎやかながらも温かな空気を感じられた。

広報の牛牧由香さんが「ファッションの衣、グルメやスイーツの食、生活雑貨の住、遊びやリラクセーション・ビューティのサービスと4点を取りそろえているので、1日中満喫できます」と語るように、新感覚のアイスクリーム店「マーベラスクリーム」や九州初出店の無添加生ジュース店「Fresh pekoe」、焼き立てフランス菓子店「MENUETT」(メヌエット)などの飲食関係の店舗は終日行列がたえなかった。「relax…33サプリ」などのリラクセーションサロンでもベッドに埋もれ日ごろの疲れを癒す人たちでいっぱいだった。「12/14までは館内オープニングフェアを行っており、それ以降にはXmasフェアも予定しています。家族や友達と一緒に、または恋人とのデートで1日たっぷり楽しんでください」と牛牧さんは笑顔で話してくれた。ショッピングを楽しんだあとは子供を預けてリラクセーションを堪能、食事をとったら映画を観て、楽市楽座でゲームを満喫…と「イオンの日」を作ってみてはいかがでしょうか。

【九州ウォーカー/江島美貴】

キーワード

[PR] おすすめ情報