リモートワーク導入で失敗しないための3つのコツ/愛宕翔太

リモートワーク導入時の注意点とは?
  • リモートワーク導入時の注意点とは?

働き方改革の盛り上がりもあり、どんどん導入が進んでいるリモートワーク。しかし一部では「始めたけどあまりうまくいっていない」という声も聞かれます。

そこで今日は、リモートワーク導入を社内で検討している方に向けて、導入時に押さえておくべき3つのコツについて紹介したいと思います。

1.リモートワーク用のツールに投資する

リモートワークにおいては、ツールを積極的に導入しておくことが重要です。

Slackやチャットワーク、LINEなどのチャットツール。またappear.in、zoomなどのビデオ通話ツール。オンライン商談ではベルフェイスもオススメです。

ただし、ツールを導入するだけではなく、リモートワーカーの通信環境にも配慮しましょう。

リモートワーカーの中には、適切な通信環境を用意していない方も一定数いらっしゃるので注意です。特にビデオ通話時には通信環境が問われます。相手の自宅ネット回線やモバイルルーターの契約状況を確認しましょう。

2.どんなことでもチャット上に残す

リモート中心で働く作業環境では、隣に人がいません。そのため、ちょっと詰まったときに、誰かに相談することができません。

相談する代わりに、チャットを使う必要があります。「このタスクのここで詰まっているんですが、◯◯のようにやろうとしたらうまくいきませんでした。△△さん、なにか良い方法はないでしょうか?」というように、自分が何で困っていて、誰にどんなアドバイスが欲しいのか、それを意識してチャットする必要があります。

コミュニケーションをチャットメインで行なうためには、どんなことも積極的にチャット上に残すことです。

ここでの注意点は、社員が同じオフィスにいて、リモートワーカーだけオンラインという状況です。この場合、オフィス内で対面で話してしまって、オンラインでしか情報を見られない人が置いてけぼりをくらってしまうことが起きてしまいます。

そのため、どんなことも極力文字にし、リモートワーカーからでもすべてのやりとりが見える状態をつくることが必須です。

3.マニュアルをいつでも見られるところに置いておく

リモートワークにおいては、どこになんの情報があるのかがわかりにくい面があります。

仕事をしていて全くわからないことが出てくると、仕事が途端にストップしてしまいます。そのため、仕事を進めるために必須な情報は、誰でもすぐに取りに行けるようにしておく必要があります。

これを防ぐため、「このページだけとりあえず見れば、なんとかなる」というページを1ページ作っておき、それ以外は見なくてもよい状態を作っておくことがおすすめです。

弊社では、「コデアルコア」というページを作っています。事業計画、会社のミッション・ビジョン・バリュー、製品開発のロードマップ、各チームの目標設定なども全てこのページから辿れるようにしてあり、ここを見れば主要な情報が手に入るようにしています。

また、「コデアルリモートワークガイドライン」をつくり、社員だけではなく、リモートワーカーも含めた全員が一読することを徹底しています。

例えば、契約書の締結、請求書の発行、経費精算のルールなど特定の業務のやり方に関して、共通のルールが全くないと仕事がストップしがちです。これらに関してもすべてルールを明文化する必要があります。

・「業務委託契約書はこの雛形を使う」

・「請求書の締め日はいつまで」

・「経費精算の締め日は10日までで、それをすぎると次の月の締め日までは受け付けない」

など、こういった最低限のルールを作っておくことで、疑問を減らし、円滑に仕事を進めていくことができます。

以上、リモートワーク導入時に押さえておくべき3つのコツについて紹介しました。ぜひ上記3点に気をつけながら、リモートワークを進めてみてください。

【著者紹介】愛宕翔太
1988年生まれ。長崎県出身。2011年東京大学経済学部経済学科卒業。2012年コデアル株式会社を創業。コデアル株式会社代表取締役社長。「働くをもっと自由に」のビジョンの下、コデアル株式会社を創業するも、スタートから3年間事業は失敗続き。一時期はヒモになった経歴あり。事業は何一つうまくいかない中、最高のチームだけが創れていたことに気づき、ハイクラスの副業求人プラットフォーム「CODEAL(コデアル)」をスタートさせる。複業やリモートワークを通じて、仕事に人が合わせるのではなく、人に仕事が合わせるような世界を創りたいと日々奮闘中。

【参考リンク】
「忙しい採用担当者必見!求職者様との日程調整を無料ツールで自動化する方法」

■Twitter:@shotaatago
■note:https://note.mu/shotar

キーワード

[PR] おすすめ情報