【毎日でぶどり】最初の一歩は小さくするほうがうまくいく/橋本ナオキ

絵:橋本ナオキ
  • 絵:橋本ナオキ

達成する目標は非現実的なぐらい大きくてもいいですが、行動する目標(特に最初の一歩)は小さくするように気をつけましょう。毎日やることが大きすぎると、達成できなかったときの罪悪感で挫折しやすいからです。

たとえば英語を勉強するなら、最終目標は「ネイティブ並みにペラペラになって英語でスピーチする」ぐらい大きくてもいいですが、でぶどりのように行動目標を大きくしすぎると継続できません。

「1日1ページ英語を読む」、なんなら「英語の本を開く」ぐらいを目標にしてもいいと思います。毎日英語の本を開くという習慣がつけば、勉強にも発展させやすいですからね。

【著者紹介】橋本ナオキ(はしもと・なおき)
イラストレーター。大阪府大阪市出身。関西学院大学を卒業後、東京のIT企業にてシステムエンジニアとして勤務。社内研修で10年後どうなっていたいかを聞かれて「イラストやデザインがやりたい」と気づく。ある時期に終電帰りが続いたことで働き方に疑問を持ち、約1年半で退職。その後、バンタンデザイン研究所にてグラフィックデザインを学んだのち、フリーランスとして活動を開始。
現在はInstagramの漫画「毎日でぶどり」の運営・LINEクリエイター・ブログを使った固定収入作りを中心に活動。
毎日でぶどりは2019年に書籍化予定。
■ ブログ:「HASHIMOTO NAOKI」 
■ Twitter 橋本ナオキ 
■「毎日でぶとり」Twitter Twitter 
■「毎日でぶとり」InstagramInstagram 

キーワード

[PR] おすすめ情報