<中学聖日記 最終回>聖(有村架純)が“涙”…!「未成年者誘拐罪の疑い」で連行され…(1/2)

「中学聖日記」最終回第11話より(C)TBS
  • 「中学聖日記」最終回第11話より(C)TBS

有村架純主演の火曜ドラマ「中学聖日記」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)。最終回となる第11話が12月18日(火)に放送される。

同ドラマは、かわかみじゅんこ作の同名漫画が原作。教師の聖(有村)が、不思議な魅力をもつ10歳年下の(元)教え子・晶(岡田健史)に引かれる姿を描くヒューマンラブストーリー。

先週放送の第10話は、聖が警察に連行されるという衝撃的なラストだった。

第11話では――

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。

ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。

涙を流す聖(有村)…!千鶴(友近)に頭を撫でられ…(2/2)
  • 1
  • 2

キーワード

[PR] おすすめ情報