かわいい縁起物が大人気!無印良品から2019年“福缶”登場

味のある手作りの縁起物に、顔はニッコリ、心もほっこり。まもなくやって来るお正月に向けて今回ご紹介するのは、紅白の缶の中に日本はらではの“福”が詰まった、無印良品の「福缶」。古くからその土地で愛され、願いを込めて作られた郷土玩具(縁起物)が、「福缶」の主役だ。

無印良品の各店舗で、2019年の初売りから販売される「福缶」(2019円)
  • 無印良品の各店舗で、2019年の初売りから販売される「福缶」(2019円)

無印良品の「福缶」は、日本の地域性の面白さを知ってもらおうと、2012年に初登場。東北の震災復興を応援したいという想いも込めて、東北4県の縁起物、計14種類が登場した。その後「福缶」は好評を博し、縁起物の地域も広範囲に拡大。2019年は48種類の縁起物が用意されている。

【写真を見る】どの縁起物に出会えるかはお楽しみ!写真は福島県の“赤べこ”
  • 【写真を見る】どの縁起物に出会えるかはお楽しみ!写真は福島県の“赤べこ”

「福缶」の中に入っている縁起物は、48種類のうちどれか1種類。福島県の“赤べこ”、香川県の“高松張子ウリ坊”など、どれも個性豊かで魅力的だ。「福缶」の価格は2019円となっており、2019円分の「MUJI GIFT CARD」、さらにはオシャレなデザインが目をひく、点字の製版技術を応用して作られた紅白のオリジナルポチ袋も入っている。

「福缶」に入っているオリジナルポチ袋2枚
  • 「福缶」に入っているオリジナルポチ袋2枚

無印良品の「福缶」は、各店にて新年初売り日より販売(店舗により異なる)。1人2点まで購入でき、売り切れ次第終了となる。縁起物との出会いが、きっと多くの“福”をもたらしてくれるはず。「福缶」と共に、ハッピーな新年を迎えよう。

ウォーカープラス公式Twitterアカウント


キーワード

[PR] おすすめ情報