ライフスタイル

回転寿司から教習所まで! 拡大する“iPad活用法”

東京ウォーカー(全国版) 2010年10月22日 9時00分 配信

すべての写真を見る(4件)
今年5月の発売開始以来、次第に街中でも見かけるようになってきたiPad。インターネットはもちろん、メール、写真、動画、など、様々な楽しみ方が出来るのが特徴のiPadだが、その活用法は回転寿司から教習所、さらにはウエディングドレスショップ選びまで、意外なところに広がっているという。

9月7日に池袋にオープンした「回し寿司 活(かつ)」は、世田谷区梅丘で人気の寿司店・美登利(みどり)の回転寿司業態店。本マグロを使った大トロや生サンマなど、新鮮な素材を使った寿司が1皿105円~楽しむことが出来る。そんな同店では、なんと日本初の“iPad注文システム”を導入。各席にiPadを設置し、そこから注文が出来る様になっている。最近では、回転寿司や居酒屋などで、タッチパネル式の注文システムは当たり前になりつつあるが、i Padを使用した注文システムを採用しているのは史上初とのこと。

同店担当・八尾さんに注文システムにiPadを導入した理由を聞くと、「当店では“常に新しいもの”をお客様に提供することをモットーとしています。また、池袋という土地柄、外国の方も多く訪れるので、メニューに書かれている言葉が分からなくても、視覚的に注文できるiPadが非常に有効なのではないかと思い、導入を決めました」とのこと。実際に、「写真を見ながら注文できるので分かりやすい!」と好評で、現在までに18台が導入されているという。

また、iPadの活用法は、自動車学校にも広がっている。長野県茅野市の「茅野自動車学校」では、9月1日より教習にiPadを導入、さっそく教習を受けた生徒から「分かりやすい!」と評判になっている。教習の中で、どの様にiPadを活用しているのかというと、教習コースの上方に取り付けられたカメラからの映像を、リアルタイムで指導員の持つiPadに映し出す。すると、生徒が「自分が今どの位置にいるのか」が運転席にいながら、手に取るように分かるのだという。

同自動車学校の社長・桑澤さんは、「地元だけでなく、全国規模のメディアからも取り上げられ、多くの反響を頂いています。特に同じ自動車学校関係者からの問い合わせが非常に多く、関係者向けの見学会も行っています」と、評判は上々の様だ。

さらに、ウエディングドレスショップの「NOVARESE(ノバレーゼ)」(本社・東京都中央区)では、ドレスを選びの際に、iPadを使って、実際にモデル着用しているイメージ動画が見られるサービスを開始。担当者の野原さんによると、「着用した時のドレスの揺れ具合など、画像ではなかなかイメージしにくかった細部も、動画だと分かりやすい!」と好評だという。このサービスは、今年5月より直営店の「NOVARESE銀座」で試験的に導入され、現在までに約40店舗に拡大中。また、好評を受けて、ドレス紹介の動画も続々と追加され、現在ではおよそ300点の動画を見ることが出来る。

その利便性とコンパクトさから、ますます拡大するiPad。回転寿司、教習所、ドレスショップの次はどこで導入されるかだろうか。今後の“iPad活用法”に大注目だ。【東京ウォーカー】

おすすめ情報