栃木を代表する実力店が競合する激戦区の人気店「心麺」

伝説の大師匠の味を実直に守り抜く

砂田街道沿い。大谷石(おおやいし)の壁に黒い筆文字で店名を配したモダンな外観。夜には照明が当たる
  • 砂田街道沿い。大谷石(おおやいし)の壁に黒い筆文字で店名を配したモダンな外観。夜には照明が当たる

埼玉県北本市の人気店「心麺」で修業した店主が、05年にのれん分けで開業。名店「支那そばや」の創業者である故・佐野実さんの孫弟子に当たり、その丁寧なラーメン作りを忠実に継承する。

【写真を見る】ワンタンは皮から自家製!塩ワンタンめん900円
  • 【写真を見る】ワンタンは皮から自家製!塩ワンタンめん900円

塩ワンタンめん(900円)では皮から自家製のワンタンを5個のせる。種には鶏挽き肉を使い、スープの味との調和が見事。ふわっと香る生姜がアクセントに。塩ダレには海塩、岩塩を数種ブレンド。

醤油には中細麺とメニューによって太さを使い分けている。醤油らぁめん750円
  • 醤油には中細麺とメニューによって太さを使い分けている。醤油らぁめん750円

醤油らぁめん(750円)の醤油ダレには、厳選した醤油をブレンドして使用。キレのあるスープは歯応えしっかりの中細麺によく絡む。豚バラチャーシューはほろほろと崩れる柔らかさ。

チャーシューはつぎ足しのタレで煮込む
  • チャーシューはつぎ足しのタレで煮込む
醤油らぁめんに使う豚スープは7時間半、丸鶏は3時間半炊く
  • 醤油らぁめんに使う豚スープは7時間半、丸鶏は3時間半炊く

スープは豚清湯と鶏清湯のダブルスープ。豚清湯の豚骨はゲンコツ、背ガラ、豚足を使って、前日からじっくりと炊いて旨味を出し切る。これに朝から丸鶏、鶏ガラを炊いた香り高いスープを合わせて、シンプルでいて奥深い味のスープに仕上げる。

「"背伸びせず地道にやる"という佐野さんの教えを師匠から受け継ぎ、守っています」と語る店主
  • 「"背伸びせず地道にやる"という佐野さんの教えを師匠から受け継ぎ、守っています」と語る店主

するすると喉越しのいい自家製麺は、塩には細麺、醤油には中細麺とメニューによって太さを使い分けている。店主は「不器用なので、同じやり方しかできないんです」と謙遜するが、珠玉の味が受け継がれているのは、スープが濁らないように大量の鶏ガラのワタを手作業で丁寧に取り除くなど、一切手を抜かない姿勢があってこそ。洗練された一杯を求めて、常に行列が絶えない。

窓が大きく開放感のある店内で落ち着いて食事ができる。大きなテーブルもあり、グループでも訪れやすい
  • 窓が大きく開放感のある店内で落ち着いて食事ができる。大きなテーブルもあり、グループでも訪れやすい

■心麺 住所:宇都宮市砂田町318-1 電話:028-656-8270 時間:11:00~14:30(LO)、17:30~20:30(LO 20:15) 休み:水、第1・3・5木 席数:22席(カウンター4、テーブル) タバコ:禁煙 駐車場:12台(無料)


G系新時代へ! 栃木ラーメン最新トレンド

新店特集、ご当地ラーメン、餃子×ラーメン最前線、10周年特別企画などなど





【ラーメンWalker特設サイトで最新ニュース配信中!詳しくはコチラ】

キーワード

[PR] おすすめ情報