井浦新、震災テーマの実話ドラマに「この作品をやり遂げていくことが大きな挑戦」 (1/5)

井浦新
  • 井浦新

1月15日(火)放送のカンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」(夜9:00-11:18、フジテレビ系)で、幅広い役柄を演じ分ける実力派俳優として注目を集める井浦新が主演を務める。

同作は阪神・淡路大震災後、わずか74日間で六甲道駅を復旧させた人々の実話を基に描くヒューマンストーリー。井浦は実在の人物をモデルにした工事所長・高倉を演じる。

建設会社・磐巻組の高倉らは、壊滅的被害を受けた駅の復旧工事を決意。線路ごと崩壊した六甲道高架橋を“ジャッキアップ”という奇抜な工法で復旧する。

放送に当たって井浦にインタビューを行い、作品への思いや撮影中のエピソードなど聞いた。

僕にとって大きな挑戦になると思えました

【写真を見る】高倉(井浦新)が過酷な状況に立ち向かう
  • 【写真を見る】高倉(井浦新)が過酷な状況に立ち向かう

――初めに台本を読んだときの印象を教えて下さい。

こういった力強い作品をやらせていただけて本当にありがたいと思いました。阪神・淡路大震災は、平成に起きたさまざまな災害の中でも自分の中で最初に知った最も大きな自然災害でした。

当時僕は20歳で、起きたことを全く受け止めることができなくて。東京にいたので、映像で見るうそのような景色が強く残っているだけでした。

そこで被災者の人たちがどういうふうに乗り越えてきたのか、そして当時どんな思いだったのか、というのを全く知らないまま当時を過ごしていました。

それもあり、この作品(の役)を頂いたときに、“何も知らない自分はやる資格がない”っていう側面も正直ありました。

ですが、だからこそこの機会をもって、平成に起きた大きな災害の一つをきちんと学び直して、しっかり受け止められる機会にしたいという気持ちが勝りました。“これは自分のやりがいを持ってやれる”と。

それに芝居もそうですが、精神的な面でもこの作品をやり遂げていくことが、僕にとって大きな挑戦になると思えました。心は絶対折れないように、プレッシャーに負けないようこの作品に向き合ってやりたいという気持ちを強く持ちました。

六甲道駅にはせる思い(2/5)
カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
1月15日(火)夜9:00-11:18
フジテレビ系で放送

◆2019年冬ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報