木村拓哉、現役ホテルマンの質問に「どっかの雑誌のライターの方?(笑)」

映画「マスカレード・ホテル」に出演する木村拓哉と長澤まさみ
  • 映画「マスカレード・ホテル」に出演する木村拓哉と長澤まさみ

1月9日、東京・ロイヤルパークホテルで映画「マスカレード・ホテル」(1月18日金公開)のホテルマン試写会の舞台あいさつが行われ、木村拓哉と長澤まさみが登壇した。

同作品は東野圭吾の人気同名小説を映画化したもので、木村が連続殺人事件を解決するためにホテルに潜入する刑事・新田浩介を、長澤が新田と共に事件の真相に迫る優秀なホテルマン・山岸尚美を演じる。

舞台あいさつでは、二人が試写会に参加した現役ホテルマンたちからの質問に答える場面も。

「ホテルに宿泊した時にうれしかったエピソード」を聞かれた木村は「初めて訪れた時は『いらっしゃいませ』と声を掛けていただいたのですが、2回目以降は『お帰りなさいませ』と言っていただけたことが、個人的にすごくうれしかったですね」とにっこり。長澤は「いつも笑顔で迎え入れてくれるところです」と明かした。

また、ベルボーイから「もしホテルに転職するならどの部署がいいですか?」との質問では、木村が「僕は厨房に立ちたいですね。自分が仕上げる世界観でお客様を楽しませるというのは、(俳優としての)普段の自分たちの作業と似ているなと。直接お客様と接する訳ではないけれど、物を作ってお客様に吟味していただく。そういうことで考えたら厨房かなって思います」と告白すると厨房係から大きな拍手が寄せられた。一方、長澤は「ベルボーイはちょっと寒そうだから、客室係がいいですね(笑)」と笑顔で語り会場を沸かせた。

そんな中、「2019年の抱負は?」と尋ねたホテルマンに、木村は「どこかの雑誌のライターの方? よく聞かれるんですけど…(笑)」と苦笑しながらも、「その時に自分にできる全力はいつも出したいというのは常に思っていて、“今日”という区切りでしっかりと全力でやっていきたいと思っています」とコメント。同作で木村と初共演の長澤は「私も木村さんと一緒です。今回初めて共演させていただいて、木村さんから一番学んだところはそういうところだったので。“今日”をしっかりやらないと“明日”はないと思うので、目の前にあるものに対して誠実にやることが今年の目標です」と答えた。

物語は、都内で3件の殺人事件が発生し、全ての事件現場に残された数字の羅列から予告連続殺人として捜査が開始される。次の犯行場所がホテル・コツテシア東京であることを突き止めた刑事・新田(木村)は、犯人の手掛かりは不明のためホテルのフロントクラークに扮(ふん)して犯人を追うことに。一方、優秀なフロントクラークの山岸(長澤)は新田の教育係として任命される。立場の違いから幾度となく衝突する二人だったが、いつしか信頼関係が築かれていく…といったストーリー。

映画「マスカレード・ホテル」
2019年1月18日(金)全国東宝系にて公開

◆おすすめ年末年始テレビ番組イッキ見せ!!◆


◆Johnny's Weeklyカレンダー!【ジャニーズ番組まとめ】◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報