ラストアイドル、『がっこうぐらし!』実写化で不安だった胸中を告白「ようやくエゴサーチできた」

『がっこうぐらし!』の公開記念舞台挨拶が開催
  • 『がっこうぐらし!』の公開記念舞台挨拶が開催

海法紀光と千葉サドルの人気コミックを、秋元康プロデュースのアイドルグループ“ラストアイドル”から選抜された阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央を迎えて映画化した『がっこうぐらし!』。本作の公開記念舞台挨拶が、1月26日にTOHOシネマズ 日比谷で開催され、阿部たち4人が公開の喜びと、これまで不安だったという心の内を吐露した。

『がっこうぐらし!』は学園で共同生活を送る4人の女子高生の日常と、生き残りを懸けたサバイバルを描く学園ホラー映画。阿部は「無事に公開を迎えられて良かったなと。まだ、あまり実感はなくて。でも、『良かったよ』とかいろいろ感想をいただいてうれしいです」と笑顔で挨拶。

長月は「このご時世、実写化は好まれないので、エゴサーチとかはしてなかったけど、ようやくしてみたら、最初は『マジでやらないでくれ』とか言っていた方も『そんなこと言ってごめん』とツイートしてくださったり、『原作に愛をもってくれてありがとう』という方もいっぱいいて、朝の電車で泣きそうになりました」と告白。

間島も「実写化ってあまり歓迎される話じゃないかなと思っていて、公開してから『いつ刺されてもおかしくないぞ』とも思っていたけど、原作ファンの方も認めてくださる方が多くて本当にうれしくて」と、胸中を明かした。

清原も「まだ実感が湧かなくて。それくらい感動していますが、反響いいですよね。不安でしたが、毎日エゴサーチしてるので、反応見ながらニヤニヤしてます」とそれぞれ安堵した様子。

舞台挨拶には、エンディングテーマ「マイクロコスモス」を担当した“Wi-Fi-5”の高野渚、さぃもん、トミコ クレア、白鳥来夢、柴田一成監督も登壇。柴田監督は「本当に真摯に原作を尊重して向き合ってきた作品。それを形にできたと自負しています」と手応えを明かした。

最後には、柴田監督からキャスト4人にサプライズで卒業証書が手渡され、大盛況のまま舞台挨拶は幕を下ろした。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報