サンシャイン劇場がリニューアルオープン! 開場30周年記念公演に演劇集団キャラメルボックスが登場

「嵐になるまで待って」の上演は4回目。キャラメルボックス唯一のサスペンス作品
  • 「嵐になるまで待って」の上演は4回目。キャラメルボックス唯一のサスペンス作品

ことしで30周年を迎え、4月から改装工事を行っていたサンシャイン劇場(東京都豊島区)が、8/6(水)にリニューアルオープンする。1978年の開業以来、大幅な改装は今回が初めて。

座席は新しく座り心地のいいシートに替え、832席から816席へ削減。2階席はよりゆったりとしたものになった。「カフェ・シアターテラス」を併設し、ドリンクコーナーとして利用できるなど、ロビーでのサービスも充実。また、音響・照明設備なども一新している。

開場30周年記念公演として年内4公演を予定。再スタートのこけら落とし公演は、演劇集団キャラメルボックスの「嵐になるまで待って」(脚本・演出=成井豊、原作「あたしの嫌いな私の声」ポプラ社刊)。8/6(水)〜31(日)。【東京ウォーカー/荒木紳輔】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報