サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

登坂広臣、舞台挨拶を途中退出…花束抱えての再登場に中条あやみ大感激

登坂広臣、サプライズでの誕生祝いは「大成功です!」と笑顔
  • 登坂広臣、サプライズでの誕生祝いは「大成功です!」と笑顔

中島美嘉の名曲を映画化した『雪の華』の公開記念舞台挨拶が2月2日に丸の内ピカデリーで開催され、登坂広臣、中条あやみ、橋本光二郎監督が登壇。舞台挨拶途中で、登坂がステージから降段。花束を持って再びステージに上がり、2月4日に22歳の誕生日を迎える中条にプレゼントした。突然の出来事に、中条は「ええ!?」と驚き、「優しい!」と感激をあふれさせた。

本作は、ひたむきに夢を追いかける青年・悠輔(登坂)と、余命1年を宣告された女性・美雪(中条)が“期間限定の恋人”となり、2人の恋が加速していくさまを東京とフィンランドの美しい景色と共に描く純愛映画。

「役柄と似ていると思うところは?」というテーマに沿ってトークを繰り広げている最中、おもむろに登坂がステージを降段。中条は「帰っちゃった」と動揺し、登坂が花束を持って出現すると「なに、なに?」と困惑気味。続けて登坂が「誕生日おめでとう!」と花束を渡すと、中条は「ええ!? びっくりした!」とまったく予想もしていなかった様子で、目を丸くした。

登坂は「(サプライズ)大成功でした!」と大喜びで、中条は「本当に焦った!体調が悪くなって、帰っちゃったのかと思った。ヤバイ、この場をしのがなければと思った」と率直な想いを吐露。「誕生日?」と改めて気持ちを整えると、「ええー!優しい!」と感激をあふれさせていた。

登坂によると「昨年もお祝いしましたね。撮影中にフィンランドで」とちょうど撮影期間と重なった中条の誕生日を祝ったそうで、「撮影している横の部屋で待機して、みんなで用意したケーキを持って行った」と昨年もサプライズを実施したという。

登坂は「普段はしないですけど、ハッピーバースデーと書いてあるサングラスをかけてパリピっぽく。勇気を出して、おめでとう!って」と明かし、中条は「ハッピーバースデーの曲をこれまでの人生で一番というくらい、すごくいい声で歌ってくれた。そこに感動していました」と笑顔で振り返っていた。

またこの日は、音楽を手がけた葉加瀬太郎からビデオメッセージが届くひと幕も。ここでも葉加瀬が中条に向けてお祝いコメントを発し、バイオリンでハッピーバースデーの曲を演奏。中条は「すごい豪華ですね。まさかすぎて、びっくりです。一生忘れられない誕生日です」と喜びを語っていた。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報