<3年A組>今田美桜の“激怒&号泣”演技に絶賛の声!「まさに気の強い娘の泣き方…!!」(1/2)

「3年A組―今から皆さんは、人質です―」第5話より(C)NTV
  • 「3年A組―今から皆さんは、人質です―」第5話より(C)NTV

菅田将暉主演ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第5話が2月3日(日)に放送された。

今田美桜演じる生徒・唯月が、読者モデルとして活躍する裏で他人には見せない弱さを抱え、大粒の涙を流すシーンが視聴者を引き込んだ。

SNSには「あの泣き方は、まさに気の強い娘が泣くときそのもの。リアルだった」「今田美桜ちゃん可愛いだけじゃなくて、怒るのも泣くのも迫力あって最高!」「大きな目からこぼれ落ちる涙見て抱きしめたくなった」と、絶賛の声が集まっている。

犠牲者と思われた生徒が立てこもり続行を決意!

今作は卒業間近の私立・魁皇高校が舞台。教師の柊(菅田将暉)が担任する3年A組全員を人質に取り、命を落とした生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を生徒に考えさせる“最後の授業”を行う学園ミステリー。(以下、ネタバレが含まれます)

第5話では、不治の病を患っていると明かされた柊が倒れ、生徒たちはその隙に脱出を試みた。警察がSITの突入を決断した中、中尾(三船海斗)ら柊に殺されたと思われていた生徒6名が見つかり、他の生徒は驚くと共に安堵した。

しかし中尾らは「先生とこのまま学校に立てこもってほしい」と言い、その意見に納得できる者と、脱出したい生徒が対立する始末。そこへ、さくら(永野芽郁)に体を支えられ柊が戻り、澪奈の死の真相をめぐる話し合いが再開されたのである。

澪奈を陥れるフェイク動画を作ったとされるのが、半グレ集団・ベルムズ。リーダーの喜志(栄信)と唯月が付き合っていたことが柊によって明かされると、唯月は喜志のおかげでモデルの地位なども手に入れていたことを告白した。

今田美桜、迫真の演技で視聴者を魅了!(2/2)
  • 1
  • 2
◆2019年冬ドラマまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報