未知の世界にロマンと危険あり!映画で学ぶ“宇宙開発の歴史”(1/2)

人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロングにスポットを当て、その偉業が達成されるまでを描いた『ファースト・マン』が2月8日(金)より公開となる。歴史的大一歩の裏側を描く本作同様に、これまでも宇宙開発の史実に迫った作品は多数作られてきた。そこで今回は、そんなロマンと危険に満ちた歴史を映画から学んでいきたい。

人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロングを題材とした『ファースト・マン』
  • 人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロングを題材とした『ファースト・マン』

アメリカをリードしたソ連の功績

第二次世界大戦が終わり、冷戦時代を迎えると、アメリカとソ連は、軍事的利用が可能な宇宙開発をめぐる競争をスタート。アメリカが技術的な問題を抱える中、ソ連が一歩リードし、1957年10月4日、世界初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功する。そのわずか1か月後の1957年11月3日には、初めて動物を乗せて地球軌道の周回に成功したスプートニク2号が打ち上げられた。

『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』(85)は、このスプートニク・ショックに揺れるスウェーデンを舞台に、幸の薄い少年の成長を描いた物語。本作で、自分の人生について「ソ連の人工衛星スプートニクに乗り死んだ、かわいそうな犬ライカ。…僕の人生は、それよりまだ幸せ」という少年の諦念の言葉が登場していることからも、当時このトピックが、いかに影響力を持っていたかを理解することができる。

その後もアメリカの一歩先を歩んでいたソ連は、1961年4月12日、ついに“地球は青かった”の名言で知られるユーリイ・ガガーリンを乗せたボストーク1号による史上初の有人宇宙飛行を達成する。

彼の生誕80周年を記念し、ロシアで製作された『ガガーリン 世界を変えた108分』(13)では、貧しい農家に生まれた幼少期から、3000人以上の空軍パイロットの中から選抜された20人の候補生の1人として訓練に挑む様子、そして宇宙での108分間の飛行を終え地球に戻ってくるまで…彼の人生にスポットライトを当て、その偉業の全貌を描いている。

その頃アメリカでは…(2/2)
  • 1
  • 2
■ドリーム Blu-ray
発売日:発売中
価格:1,905円+税
発売・販売元:20世紀フォックス

■ライトスタッフ 製作30周年記念版
発売日:発売中
価格:2,381 円+税
発売・販売元:ワーナー

■アポロ13 [4K ULTRA HD + Blu-rayセット]
発売日:発売中
価格:5,990円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報