けやき坂46が「日向坂46」にサプライズ改名「もっと高く飛べるように」

「けやき坂46」が「日向坂46」に改名することがサプライズ発表された
  • 「けやき坂46」が「日向坂46」に改名することがサプライズ発表された

11日、動画配信サービスSHOWROOMの生配信で、けやき坂46が「日向坂46」に改名することが発表された。

「ひらがなからのお知らせ」と題された配信には佐々木久美、加藤史帆、小坂菜緒、齊藤京子、柿崎芽実、佐々木美玲の6名のメンバーが出演。5つの重大発表として、3月27日(水)に単独でのシングルデビューをすること、デビュー曲のタイアップ決定、グループ単独オフィシャルサイトのオープン、横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブの決定、カウントダウンライブのチケット先行予約の開始が発表された。

配信の終盤、キャプテンの佐々木久美に手紙が渡され、サプライズで流れた映像の中で「けやき坂46」から「日向坂46」に改名することが発表された。改名を知ったメンバーは抱き合って喜び、 齊藤は「3年間で一番嬉しい」と叫んだ。

配信終了後の取材で、佐々木久美は日向坂46としてシングルデビューすることについて「ずっとシングルデビューをこのメンバーでするというのを夢に掲げてきたので、その夢が現実となって本当にうれしいです。もっと高くまで飛べるように頑張りたいと思います」とコメント。

これからのグループの方向性について加藤は「三年間頑張ってきた結果をこのデビューにぶつけていきたいと思います。尊敬している乃木坂46さんのような美しさとか清楚さとか、大好きな漢字欅さんのパフォーマンス力とかカッコよさとかを兼ね備えたハイブリッドグループになるのが夢です。全力で頑張ります」と語った。

佐々木美玲は「先輩方がテレビに出演しているのを見て、憧れだったり葛藤したこともありました。でも、今は21人全員でこうして日向坂としてデビューできるということで、これからが楽しみです」と意気込んだ。

キーワード

[PR] おすすめ情報