見られたくない“秘密”の写真をiPhoneで「非表示」にしておく方法

うっかりスワイプされても大丈夫!

あまり人に見られたくない、けれど捨てられない。そんな写真の1枚や2枚、みなさんのiPhoneにも保存されているのではないでしょうか。

通常、iPhoneがTouch IDやFace IDでロックされていれば、自分以外の人が簡単に写真を見ることはできません。でも、例えば人にiPhoneを手渡して写真を見せた時、何の気なしにスワイプされて前後の写真を見られてしまう、という事態は防ぐことができません。他の写真は見ないでね、とわざわざ言うのも微妙ですしね……。

そんな時のために、見られたくないけど捨てられない写真は、アプリ内であらかじめ非表示にしておくのが安全です。下記の手順で写真を非表示にすることができます。

写真アプリ→「選択」をタップし、非表示にしたい写真を選択→シェアボタンをタップ(複数選択もOK)
  • 写真アプリ→「選択」をタップし、非表示にしたい写真を選択→シェアボタンをタップ(複数選択もOK)
メニューから「非表示」を選択→「非表示にする」をタップ→選択した写真が非表示になりました
  • メニューから「非表示」を選択→「非表示にする」をタップ→選択した写真が非表示になりました

なお、同じ手順で動画も非表示にすることができます。

「非表示」にした写真を見るには

非表示にした写真は、カメラロールやアルバムからは見ることができなくなります。これで、誰かに見せた時に写真をスワイプされても安心です。

では、非表示にした写真はどこへ……? 答えはこちらです。

写真アプリの下部にある「アルバム」タブを開く→一番下までスクロールして「非表示」というメニューをタップ→非表示にした写真を見ることができます
  • 写真アプリの下部にある「アルバム」タブを開く→一番下までスクロールして「非表示」というメニューをタップ→非表示にした写真を見ることができます

なお、この非表示写真は、パスコードやTouch IDなどでロックする機能はありません。

「非表示」を解除する方法

非表示にした写真は、いつでも通常の状態に戻すことができます。

上記の手順で非表示の写真を開き「選択」をタップ→再表示させたい選択してシェアボタンをタップ→メニューから「再表示」を選択
  • 上記の手順で非表示の写真を開き「選択」をタップ→再表示させたい選択してシェアボタンをタップ→メニューから「再表示」を選択

標準の写真アプリで手軽に使えるのが、この機能のいいところ。ただし、あくまでカメラロールやアルバムから非表示になるだけで、写真そのものはアプリ内に保存されており、簡単に見ることができます。

堅牢に隠すというよりは、一時的に見せたくないものや自分が見たくないものを格納しておく場所と考えた方がいいでしょう。クリティカルな状況への対策が必要な場合は、シークレットなアルバム管理に特化したアプリを利用することをオススメしておきます(こっそり)。

また、GoogleフォトやDropboxなどで写真を自動バックアップしている場合、非表示にした写真はバックアップに含まれなくなるのでご注意ください。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

キーワード

[PR] おすすめ情報