サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

<3年A組>瀬尾&華“グータッチ”の意味にファン感涙「本当に特別な回だった」(1/4)

【写真を見る】瀬尾(望月歩)と華(富田望生)の胸熱“グータッチ”場面!(他、第7話名シーン&キュートなオフショット等19枚)
  • 【写真を見る】瀬尾(望月歩)と華(富田望生)の胸熱“グータッチ”場面!(他、第7話名シーン&キュートなオフショット等19枚)

菅田将暉主演ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第7話が2月17日(日)に放送された。魁皇高校の教師・武智大和(田辺誠一)をめぐり柊一颯(菅田)と対峙した2人の生徒、瀬尾雄大(望月歩)と魚住華(富田望生)に注目が集まっている。

(以下、ネタバレがあります)

“武智犯人説”めぐり2人の生徒が柊と対立

「3年A組-今日から皆さんは、人質です-」第7話より (C)NTV
  • 「3年A組-今日から皆さんは、人質です-」第7話より (C)NTV

卒業間近の私立・魁皇高校を舞台に、3年A組担任教師の柊がクラス全員を人質に取り、“最後の授業”と称してクラスメート・景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を生徒に考えさせる、という本作。第7話では、立てこもり7日目が描かれた。

柊は、澪奈を追いつめたフェイク動画の作成を依頼したのが武智だと主張。3年A組の生徒たちもみな“武智犯人説”に傾く中で、武智を疑おうとしない生徒が2人いた。それが、陸上部の瀬尾と、柔道部の華だった。

「武智がやった証拠があんのかよ」「これで武智じゃなかったらどうするつもりだよ」と柊にかみついた瀬尾に、華も「私も、武智先生がそんなことする人だとは思えない」と同調。2人はともに、武智の推薦を得て大学に進学することになっていた。

「俺にはこれしかねえんだよ…やっと、やっとつかんだチャンスなんだよ!」とクラスメートたちとも対立する瀬尾。瀬尾の努力をずっと見てきた華も、涙ながらに瀬尾をかばった。

やがて、柊の作戦により武智と豪翔大学のスポーツ推薦をめぐる悪事が公になった。武智に自分の未来を託していた瀬尾と華は、ただ静かに涙を流しながらその展開を受け止め、「瀬尾なら、できる」「お前もな」とグータッチ。瀬尾が、そっと華の頬の涙をぬぐった。

“グータッチ”に込められた望月歩&富田望生の絆にファン感激!(2/4)
◆2019年冬ドラマまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報