サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

鮮烈デビューを飾った岡田健史「テレビの力は大きいな…と」(1/3)

「中学聖日記」(TBS系)で一躍話題の人になった岡田健史
  • 「中学聖日記」(TBS系)で一躍話題の人になった岡田健史

「中学聖日記」で、教師に恋をした中学生・黒岩晶を繊細ながらかつ情熱的に演じて一躍話題の人になった岡田健史。そんなニュースターの彼の魅力とは何なのか直撃インタビュー。俳優デビュー作となった「中学聖日記」の思い出と出る側になった“テレビ”について、ハタチになる彼の挑戦したいことを語ってもらった。

――「中学聖日記」がデビュー作ですが、初めて演技をしたのはどのシーンだったんですか?

第1話の「1分間の黙とう」シーンです。最初は、こんなにたくさんのスタッフさんがいる中でお芝居をすることにドキドキしましたし、カメラのあまりの近さに驚きました。初めてのことばかりだったのですが、撮影期間中は、“今の自分に何ができるのか”ばかり考えていましたね。

――ドラマに出演して、友達からは何か言われましたか?

ありがたいことに地元の友達やその親御さんたちからも「見たよ~」と声を掛けていただけて。本当に励みになりました。そして、テレビの力って大きいなって感じました。

テレビとの付き合い方は…?(2/3)
スタイリスト=富田彩人/ヘア&メーク=Kohey
おかだ・けんし=1999年5月12日生まれ、福岡県出身。O型。小学校から野球を始め高校3年まで野球部に所属。キャッチャーを務めた。オーディションを経て、2018年秋に「中学聖日記」(TBS系)の黒岩晶役で鮮烈デビュー

キーワード

[PR] おすすめ情報