サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

“国際ドラマフェスティバル”にイ・ビョンホン登場!「日本のファンに感謝している」

「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2010」東京ドラマアウォードでは、6歳の芦田愛菜ちゃんをイ・ビョンホンさんが抱き上げる微笑ましいシーンもあった
  • 「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2010」東京ドラマアウォードでは、6歳の芦田愛菜ちゃんをイ・ビョンホンさんが抱き上げる微笑ましいシーンもあった

10月25日(月)、都内にて、「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2010」が開催され、東京ドラマアウォード「Best Actor in Asia」賞に選出された韓国人俳優、イ・ビョンホンさんが登場。同日、会場前には多くの女性ファンがビョンホンさんをひと目見ようと詰めかけていたが、そんなファンに向けて、「いつも温かく迎えていただいて感謝しています」と挨拶していた。

今回、韓国ドラマ『IRIS』で、6年ぶりに主演を果たしたイ・ビョンホンさんは、今年から新設された「Best Actor in Asia」賞に選出され、「この時代に俳優として生きていることに感謝しています」と笑顔でコメント。同ドラマに出演したことについては、「映像を通じてさまざまな国の人とコミュニケーションが取れることに、大きなやりがいと自負心を感じています」と、感想を述べた。また、同日訪れた多くのファンに向けてコメントを求められると、「いつも温かく迎えていただいて感謝しています。今後も演技を通じてみなさんにお目にかかっていきたいです」と、謙虚な姿勢で一礼していた。

ちなみに、写真撮影の際には、「Tokyo Drama Award」特別賞を受賞した6歳の芦田愛菜ちゃんが、花束を持ってビョンホンさんの前に登場。すると、ビョンホンさんが愛菜ちゃんを軽々と抱き上げ、頭を撫でるなど可愛がるひと幕もあり、微笑ましいシーンに報道陣からは無数のフラッシュがたかれた。

なお、ドラマ『IRIS』は約15億円という巨額の製作費がかけられ、日本・ハンガリー・上海を舞台に、豪華キャスト&スタッフで撮影された緊張感溢れるスパイアクションドラマ。特殊部隊の精鋭隊員だったヒョンジュン(イ・ビョンホン)が、危険な任務に奔走する姿が描かれている。DVD-BOXも発売中なので、今回アジアのベストアクターに選ばれたビョンホンさんの雄姿をぜひチェックしてみて。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報