“福山龍馬”暗殺の下手人決定! 襲撃メンバーには福山の音楽仲間を採用!?

京都見廻組・今井信郎を演じる市川亀治郎
  • 京都見廻組・今井信郎を演じる市川亀治郎

大河ドラマ「龍馬伝」の最終回を間近に控え、さらに新たなキャストが発表。坂本龍馬(福山雅治)を暗殺する京都見廻組・今井信郎役に市川亀治郎が抜擢された。

市川が演じる今井信郎という人物は、1841年、10月2日に江戸本郷湯島天神下(現在の東京都文京区湯島)の幕臣の家に生まれる。20歳に直心影流免許皆伝、京都へ上京した際には治安維持のための組織・京都見廻組に参加した。そして、後に坂本龍馬殺害の実行犯であると自白したという。

最終回の見どころでもある龍馬暗殺のシーンは10月8日の深夜に行われた。市川は撮影を振り返り、「まさか自分が(暗殺の実行犯の)お話をいただけるとは思ってなかったので驚きました。従兄弟の(香川)照之さんとは初共演となり、忘れられない作品になりました」と話し、また、「マシャ兄(福山)のラジオ番組のヘビーリスナーだったので、あこがれのマシャ兄とご一緒できたことを大変うれしく、誇りに思っています」とコメント。制作統括の鈴木圭氏は、「『龍馬伝』では、今井信郎を“誇り高きラストサムライ”として描いていきます。演じる(市川)亀治郎さんは、滅んでいく武士の悲しみと品格を見事に体現してくれました。そして、暗殺のシーンはもちろんですが、香川(照之)さんとの火花散る初共演もご期待ください!」と見どころを語った。

ほか、市川が演じる今井信郎と共に、龍馬や中岡慎太郎(上川隆也)を襲撃するメンバーには福山のミュージシャン仲間が集結。佐々木只三郎役には、元BLANKEY JET CITYのドラマーで、'06年公開の映画「涙(なだ)そうそう」などにも出演し、俳優もこなす中村達也が決定。また、渡辺篤役には、シンガーソングライターのSIONが配役され、'05年、SIONが発売したシングルに福山がゲストボーカルという形で参加したこともある仲だ。

さらに、最終回には仰天の出演者が勢ぞろい。自身プロデュースの主演舞台では龍馬役を演じている、たけし軍団の三又又三や、同じくたけし軍団の井手らっきょ。また、歴史好きと公言しているビビる大木や、歴史好きアイドルの“歴ドル”として活動する美甘子らの龍馬にまつわる(?)ゲスト陣も出演が決定している。

大河ドラマ「龍馬伝」(全48回)
毎週日曜夜8:00-8:45ほか NHK総合ほかで放送
※最終回の11月28日(日)は、夜8.00-9.15の時間拡大

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報