東京タワーのイルミ点灯式で2000人を前に小室哲哉が生演奏!

シャンパンタワーも用意され、クリスマス感満載のイベントとなった東京タワーのイルミ点灯式
  • シャンパンタワーも用意され、クリスマス感満載のイベントとなった東京タワーのイルミ点灯式

11月3日(水・祝)、東京タワーにて、「クリスマス・イルミネーション2010 点灯式」が開催され、スペシャルゲストとして、11月20日公開の映画『行きずりの街』からキャストの仲村トオルさん、小西真奈美さん、主題歌をプロデュースした小室哲哉さん、アーティストのmegさん、監督の阪本順次さんの5人が参加。小室さんは、点灯式のあとにピアノで生演奏も披露するなど会場を盛り上げていた。

「まさに小室哲哉さんの世界がギュッと詰まった曲です」と、同映画の主題歌『最愛~Love you again~』について語ったmegさん。「カラオケで小室さんの曲を歌っていた世代なので、この曲を歌うという仕事が来た時には、まさかと思いました」と、megさんがうれしそうな笑顔を見せると、小室さんは照れ笑い。「純愛を描いたこの曲にmegさんのストレートな声がフィットしました」とコメントした。ちなみに小室さんは、同曲のプロデュースおよび作・編曲を担当。メロディアスなバラードに仕上がっており、イルミネーション点灯式後の2人によるミニライブでは、約2000人が詰め掛けた会場も大いに盛り上がった。

今回、14回目を迎えるこの東京タワーのイルミ点灯式。今年は、約11万個のLED電球とオーナメントで装飾された、高さ15mの巨大ツリーが見どころとなっているのだが、同日は「雪」と「シャボン玉」を使った演出に加えて、シャンパンタワーも用意されるなど、クリスマス感満載のイベントに。仲村さんは、「ここは娘をまだ連れてきていない観光名所なので、今年の冬は必ず連れてきて、『このイルミネーションはパパが点灯したんだよ』って自慢したいですね」とご満悦の表情を浮かべ、きらびやかな眺めに酔いしれていた。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報